カレンダー

2016年7月
« 6月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

可憐な野菊…「ユウガギク」

投稿日:2016年7月22日

7.22 ユウガギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユウガ゛ギク(キク科)

湿地やあぜ道に多い、高さ1~1.5mの多年草。下部の葉は先端がとがり、基部はしだいに細くなり、縁には鋸歯があります。触った感じはザラツキがありません。頭花は径3~3.5cmで、淡青紫色~白色。冠毛の長さは1mm以上で、長短があるのが特徴です。名は柚子の香りがすることからと言われますが、実際は余り香らないようです。   (「クリンソウの谷」南側などに見られます。)

 

 

 

7.18 ベニバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナ(キク科)

エジプト原産と言われる、高さ40~130cmの多年草。互生する披針形の葉は縁に鋸歯があり、先には刺があります。枝先に、径3~4㎝のアザミに似た黄色の花を開きますが、時が経つとだんだん紅色へと変わります。山形市の花として昭和49年に制定されました。    (「友好姉妹都市の庭」付近に見られます。)

 

 

 

7.22 ビロードトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードトラノオ(オオバコ科)←ゴマノハグサ科

山形県が標準標本の産地で、山形や富山など限られたところにしか見られない貴重な植物で、絶滅危惧種にもなっています。高さ40~80cmの茎の先に、長い穂状に多数の小花を付けます。広披針形の葉の両面にはビロードのような軟毛が生え、花穂をトラの尾っぽに例えての名です。   (「七草の庭」東側に見られます。)

 

 

 

7.18 オミナエシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミナエシ(スイカズラ科)←オミナエシ科

山野に生える、高さ1m程の多年草。茎頂に、花冠の径3~4mmで5裂した黄色い小花を多数付けます。花が満開になるとその独特な臭いで、近くにオミナエシが咲いていることが分かります。葉は羽状に裂けて対生します。    (「七草の庭」に群生しています。)