カレンダー

2016年7月
« 6月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ムカゴが付かない…「コオニユリ」

投稿日:2016年7月18日

7.22 コオニユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コオニユリ(ユリ科) 

北海道~九州の日当たりが良く湿気のある山地に生える多年草。線状披針形の葉の葉腋に、オニユリの様なムカゴは付きません。高さは30~60cm、花径は7㎝程と、オニユリより一回り小さい姿です。6枚の花弁は上部に反り返り内側には紫黒色の小点がまばらにあります。自然度の高い所に生育するようです。   (「水辺の広場」などに見られます。)

 

 

 

7.22 キキョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キキョウ(キキョウ科)

日当たりの良い野原などに生える、高さ40~100cmの多年草。蕾の段階では5裂した花びら同士風船のようにぴったりとつながっているので、英名は“バルーンフラワー”と言うそうです。開花すると、径4~5㎝の美しい紫色の星形になります。根は太く黄白色をしていて、薬用とされます。絶滅危惧種の一つです。   (「七草の庭」に見られます。)

 

 

 

7.14 ネジバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジバナ(ラン科)

日当たりの良い草地や芝地などに生える、高さ10~40㎝の多年草。葉はロゼット状で目立たず、直立した花径に螺旋状に桃紅色の小花を多数つけます。花は横向きに付き、唇弁が白色で他は桃色です。ねじれ方は右巻きと左巻きの両方があり、中にはねじれないものもあるようです。    (「薬草コーナー」手前の草原などに見られます。)

 

 

 

9.02 イヌタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌタデ(タデ科)

やや湿った半日陰地に普通に見られる一年草です。高さ20~40㎝の茎の上部に、紫紅色の小花を集めた長さ1~5㎝の花穂を付けます。花弁は無く、萼が5裂します。この花をむしり取り、“あかまんま”と呼んで赤飯に見立てて遊んだ方も多いと思います。    (「ロックガーデン」の登り口などに見られます。)