カレンダー

2016年7月
« 6月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

禊(みそぎ)に使われた…「ミソハギ」

投稿日:2016年7月12日

7.15 ミソハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミソハギ(ミソハギ科)

湿地に生える、高さ50~100cmの多年草。上部の葉腋に、紅紫色6弁の花を多数つけます。お盆の仏事に用いる風習があり、山形では“ぼんばな”と呼ぶ人もいます。湿った所に見られるので“ミゾハギ”と間違って呼ばれますが、“みそぎ”に使うので「ミソハギ」です。      (「水辺の広場」等に見られます。)

 

 

 

7.14 リョウブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リョウブ(リョウブ科)

高さ3~7mの落葉高木で、樹皮が薄片となってはがれますが、その木肌のきれいさで床柱として利用されたりします。枝先に円錐状の総状花序を付け、先が5裂した白い小花を多数つけます。昔、若い葉を保存しておき、救荒植物として利用できるよう“法”で植えつける事を決めたことから“令法(りょうぶ)”の名が付いたということです。   (園の入口付近などに見られます。)

 

 

 

7.14 オトギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトギリソウ(オトギリソウ科)

高さは20~60㎝、直立した茎には、披針形の葉が茎を抱いて対生します。茎の上部で分枝し、花径2㎝程の黄花を数輪咲かせます。花弁は5枚で、日中に咲き、夕方にはしぼむ1日花です。この植物が秘薬である事を人に漏らした弟を兄が切ったという逸話がある「オトギリソウ」です。         (園内のあちこちに見られます。)  

 

 

           

0716クサキョウチクトウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサキョウチクトウ(ハナシノブ科)

北米原産の、草丈40~120㎝の多年草。径2㎝程の花は、一見ナデシコに似ていますが、花びらの元が分かれていません。そして、5つに裂けた花びらスクリューのように回旋してひだ状に重なります。“おしろい”の様な匂いと艶やかな姿から「オイランソウ」の別名があります。     (「スワンヒルの庭」に植栽しています。)