カレンダー

2016年7月
« 6月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花びらがスクリューのようにねじれて開く「トモエソウ」

投稿日:2016年7月2日

6.30 トモエソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トモエソウ(オトギリソウ科)

高さ1mを超える茎に、披針形の葉を対生させ、茎先や枝先に径5㎝ほどの黄色の5弁花を咲かせます。花弁がスクリューのように巴形にゆがんだ形をしているのが大きな特徴で、和名の由来にもなっています。多数の雄しべが5束に分かれているのも面白い点です。    (園の入口近くなどに見られます。)

 

 

 

6.30 クガイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クガイソウ(オオバコ科)←ゴマノハグサ科

80~130cmの高さの茎頂に、長さ10~25cmの長い総状花序(花穂)を付けます。花冠5~6mmの淡紫色の小花が、下の方から咲き上がります。披針形の葉が4~8枚輪生し、しかも何段にも付くので、この様子が名の由来になっています。  (「ひょうたん池」南側に植栽しています。)

 

 

 

0628 ナツツバキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツツバキ(ツバキ科)

高さが10m程にもなる落葉高木。樹皮はなめらかですが、10年目くらいになると古い樹皮がはげ落ちてくる特徴があります。花は径5㎝程の5弁花で、縁にはウェーブ上にシワが寄り裏面には絹毛がある上品な花です。別名「シャラノキ」とも呼ばれ、美しい大き目の花は、残念ながら一日花です。    (「吉林の庭」に見られます。)

 

 

 

0701 カンパニュラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンパニュラ(キキョウ科)

釣鐘型の花でホタルブクロの仲間は、一般に“カンパニュラ”と呼ばれます。300種類もある中で、日本には数種類が栽培されていますが、本園では高さ60㎝程度のものが、あちこちに飛んで見られます。淡紫青色の鐘型の花はうつむいて咲き、とても控えめな感じです。      (「ハーブ園」の東側などに見られます。)