開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ラショウモンカズラに似た青紫の花…「ムシャリンドウ」

投稿日:2016年6月6日

0606 ムシャリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムシャリンドウ(シソ科)

茎先に青紫色の花を固まって付け、花の長さは3~4㎝で唇形です。下唇が発達していて、濃い紫色の斑が入り「ラショウモンカズラ」と似ています。草丈は20~50㎝で、少し幅のある線形の葉を対生させます。葉腋から数対の線形の葉を付けた短い枝(茎)が出ます。     (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

0606 ヤナギトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギトラノオ(サクラソウ科)

山地の湿原などに稀に見られる多年草です。高さ30~80cmの茎に対生する葉の腋から、2~3cmの長さの円筒形の花穂を出します。よく見ると、多数の黄色の小花が密に付いているのが分かります。葉の間に隠れてしまうと花は目立ちません。名は葉がヤナギに似て、花はオカトラノオに似ることによるようです。   (「水辺の広場」に見られます。)

 

 

 

6.10 シラタマノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキ(ツツジ科)

中部地方以北の山地の草地などに生え、地面を這うようにしている、高さ30cm程の常緑の小低木です。枝先に、5mm程度のドウダンツツジのような釣鐘型の花を付けます。、9月頃、萼が肥大して果実を覆い白い玉状になることから、似ている仲間のアカモノと比較して別名「シロモノ」と呼ばれます。果実はつぶすとサリチル酸の匂いがします。    (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

0601 ミヤマカラマツ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)

高さ50~150㎝の細い茎の先に、複数の散房花序を出す高山植物です。花弁はなく、小花のように見える白い花弁状のものは雄しべが集まったもので、まるで線香花火のような形です。葉は2~3回3出複葉です。   (「深樹の小径」に見られます。)

 

 

 

0529 ヒナマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒナマツヨイグサ(アカバナ科)

マツヨイグサの小さい種で、昼間に開花しているのが特徴です。草丈は10~20cm、やや湿った日向に生育します。葉はへら形で互生し、花は葉腋や茎頂付近に付きます。径1.5~2㎝の4弁花で、一番の特徴は花柄に見える下の部分が膨らんでいることです。    (「中央広場」の植え込みなどに見られます。)

 

 

 

6.14 オッタチカタバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッタチカタバミ(カタバミ科)

北米原産の多年草で、道ばたや荒れ地によく見られます。ハート形の葉を三つ合わせたような葉はカタバミと同じですが、茎は太めで緑色をしており、直角に立ち上がります。花は径1cm程の黄色の小花です。   (園内のあちらこちらで見かけます。)

花弁に見える“苞”が白く大きくなってきました…「ヤマボウシ」

投稿日:2016年6月4日

5.26 ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)

花や葉が、みなさんご存知の「ハナミズキ」に似ている樹木です。花びらのように見えるのは“苞(ほう)”で、その中心に淡黄緑色の小さな花が20~30個密集して付きます。花後にサクランボほどの大きさの果実が赤く熟します。名は丸いつぼみの集まりを坊主頭に、白い苞を頭巾に見立てたものです。    (「中央広場」等に見られます。)

 

 

 

6.02 フランスギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスギク(キク科)

草丈は20~100cm、互生する葉に浅い切れ込みと鋸歯が見られます。花の似ている「マーガレット」は葉が櫛状に深く切れ込む点が異なり、さらに本種は真ん中の黄色い頭状花の集まっている部分が丸く膨らんでいる点などで区別できます。茎頂に花を1個付けるものが多いようです。     (「吉林の庭」等に見られます。)

 

 

 

0604 ナツハゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツハゼ(ツツジ科)

北海道~九州に生育する、高さ1~3mの落葉低木。果実は径6mm程の黒い液果で、山形では「ヤカンコ」などと呼ばれ、山のおやつとして口にされます。花は長さ4~5mmの鐘形で、先は浅く5裂し、裂片は少し反り返ります。萼や花柄には褐色の毛があります。       (「ロックガーデン」等に見られます。)

 

 

 

0606 エゴノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノキ(エゴノキ科)

雑木林に普通に生えている落葉小高木です。今年伸びた小枝の先端に、白い花を1~4個付けます。径2.5cm程の白い花は5つに深く裂けますが、大きくは開かず、ややつぼみ加減で咲きます。果実は長さ2㎝程の楕円形で、口にするとエグイことから和名が付きました。     (「マグノリア通り」等に見られます。)

 

 

 

0604 ヤマウルシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウルシ(ウルシ科)

少し赤みを帯びた葉柄奇数羽状複葉が、他の樹木と異なった感じを受けさせます。雌雄異株で、枝の先の葉腋から黄緑色の円錐花序を出します。ごく小さな雌花は、先が3裂した花柱が花の外に突き出て、こちらも小さい雄花は花弁がそり返り、葯が目立って花外へ飛び出します。写真は雌花です。      (「ロックガーデン」等で見られます。)

 

 

 

0604 オルレア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オルレア・ホワイトレース(シソ科)

ヨーロッパ原産で、草丈60cm程になる多年草。名の通り白い小花が集まって、レースのような花序を作ります。葉は細かい切れ込みがあり、とても繊細な感じです。単一でも十分に綺麗ですが、他の花を引き立てる役も得意です。   (「ハーブ園」に植栽してあります。)

雌しべの柱頭盤が赤い…「オゼコウホネ」

投稿日:2016年6月3日

5.29 オゼコウホネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゼコウホネ(スイレン科)

高山や北地の沼などに生育する水草です。水に沈んでいる葉と水面に浮かぶ葉があり、水面の葉は深く切れ込みのある長心形です。長い花茎を水面上に出し、径3~4㎝の黄色の花を1個開きます。黄色の花弁に見えるのは萼片で、内部に小形の花弁があります。雌しべの柱頭盤が赤いことで「コウホネ」と区別できます。   (「ひょうたん池」等に見られます。)

 

 

 

DSC_0621

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タツナミソウ(シソ科)

九州~北海道の丘陵の林縁や草地に生育する、高さ20~40㎝の多年草。花は筒状で先が開き唇弁状となり、上に立ち上がって穂状に数個つけます。しかも花は同じ方向を向いて咲きます。上の方に飛び出そうとしているような形の紫の花を“波立つような”と表現したのが和名です。    (「ロックガーデン」等に見られます。)

 

 

 

6.02 コメツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメツツジ(ツツジ科)

山地の岩場などに生育し、高さは1m程度にしかならない落葉低木。米粒のような小さく白い花が咲く事から名づけられたとされています。枝が多く、葉は5~20mmの楕円形、花は径1㎝ほどで、下部は筒状で五裂します。長くて目立つ雄しべは5本あります。    (「ロックガーデン」等に見られます。)

 

 

 

5.29 ムラサキツユクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキツユクサ(ツユクサ科)

日本原産のような感じの名ですが、北米原産の多年草で、明治の初めに渡来したと言われています。線形の葉は基部で茎を抱き、茎先に数個の花が集まって咲きます。3枚の紅紫色の花びらがあり、朝開いては夕方にしぼむ“一日花”のようです。雄しべの紫色の毛は一列の細胞から成っていることから細胞学の研究に都合がいいそうです。   (「薬草コーナー」に見られます。)

 

 

 

5.29 コウゾリナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウゾリナ(キク科)

北海道~九州の山地の草地や道端などに生え、草丈が90cm程になり、径頂に黄色い花を数個つけた姿が目につきます。下部の葉の柄には翼があり、中ほどの葉は基部で茎を抱きます。特徴は何と言っても茎や葉の褐色の剛毛が目立ち、“顔剃り菜”→「コウゾリナ」の名が納得できる手触りです。径2.5cm程の黄色の頭花は舌状花だけでできています。   (園内のあちらこちらに見られます。)

 

 

 

0522 チャイブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャイブ(ヒガンバナ科)←ユリ科

アサツキに似ていますが、鱗茎を作らず、夏に休眠しない点が異なります。紫色の花は花冠2~3cmの球形で、ネギ坊主のようです。他のネギ類より独特の香りが弱く、香味植物として古くから作られてきました。   (「ハーブ園」に植栽しています。)