観察日記

深くて綺麗な青色…「ホタルカズラ」

投稿日:2016年5月15日

DSC_0348

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルカズラ(ムラサキ科)

径1.5cmと小さな花ですが、ムラサキ科の中では一番大きいそうです。しかも、たいてい2個並んで咲き蛍光を発しているような鮮やかな青色の花は目立ちます。花の中心には、5本の白い筋が見えて、子供たちに言わせると「まるでお星さまのよう」です。花後に根もとからツルが伸びて新しい株を作るので“カズラ”の意味が分かります。   (「中央広場」の植え込みの根もとあたりに見えます。)

 

 

 

5.14 コンロンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンロンソウ(アブラナ科)

白い花が連なって咲いているさまが、中国の崑崙山脈を思わせるということで名付けられた本種。山沿いの湿地に生える、高さ30~50㎝の多年草です。葉は奇数羽状複葉で、両面に毛があります。茎の上部に白色で径7~10mmの4弁花を賑やかに咲かせます。長い雄しべが6本あります。    (「ひょうたん池」の近辺などにあります。)

 

 

 

5.07 レンゲツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲツツジ(ツツジ科)

名は、つぼみの様子を蓮華(ハスの花)に見立てたようです。葉と同時に朱色の花が開きます。1個の花芽から2~8個の花が咲き、日本のツツジの中では一番大きいそうです。花びらの上側には褐色の斑点があり、葉の表面にはシワがあります。有毒植物で家畜が食べないので、牧場辺りでしばしば大群落を見ることがあります。    (「ツツジの丘」や園内のあちこちで見られます。)

 

 

 

DSC_0227

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマザクラ(バラ科)

花径が1.5cm程、花弁の色が白く、他のサクラと比べて目立ちませんが、しっとりと落ち着いた雰囲気があります。葉と花は同時に開き、花弁の先に切れ込みはありません。北国や標高の高い所に多いようです。     (「クリンソウの谷」の南東等に見られます。)

 

 

5.06 アオダモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオダモ(モクセイ科)

子供たちには「木製バットを作る木」と話すと興味を示してくれます。和名の由来は、枝を切って水に入れると、水が青い蛍光色を示すからとか、青い染料に利用される事によるようです。材は堅くて粘り強く、曲げることもできるので、色々な物作りの材料に使われます。    (「大平沼」の北側、「」マグノリア通りなどに見られます。)

 

 

 

5.06 ミヤマガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(レンプクソウ科)←スイカズラ科

北海道~九州の山地にごく普通に生える、高さ2~3mの落葉低木。葉は10㎝内外の広倒卵形でデコボコした見た目ですが、表面にも裏にも毛が無いのが普通です。枝先から散房花序を出し、径1cm程の白い小さな花を多数つけます。   (ちょっとした斜面によく見られます。)

 

 

 

 

 

良い香りのするサクラ…ウワミズザクラ

投稿日:2016年5月14日

5.06 ウワミズザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

新枝の先にコップなどを洗うブラシのよう小花を密集させます。よく見ると、径1㎝程の5弁花で、雄しべが長く突き出して、全体としてフワッと見えます。そして、花の香りが杏仁香と言われる良い香りです。北海道~九州の山地に自生し、今頃、山中の車窓から見えるフワッとしたブラシ状の花は、本種が多いようです。      (本園のあちこちで見られます。)

 

 

 

5.10 キンギンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンギンボク(スイカズラ科)

本種の特徴は、花の色が変わる事です。葉腋から、長さ2㎝程の先が5つに裂けた花を2個ずつ付けますが、咲き始めは白かった花が、やがて黄色に変わります。この黄色と白色を金色と銀色に見立てて“キンギンボク”です。花後に、赤いひょうたん型の実を付けるので、別名は「ヒョウタンボク」。この果実は有毒です。   (「ひょうたん池」西側に見られます。)

 

 

 

5.19 サラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)

山地の林内や岩場に自生し、ドウダンツツジの仲間では最も北(北海道南部)まで分布します。花は、淡紅白色に紅色の縦の筋があるのが特徴で、この更紗のような模様が名の由来になっています。白いドウダンツツジとは異なり、花弁の先が広がり、壺形ではなく鐘形になっています。      (「マグノリア通り」「ツツジの丘」に見られます。)

 

 

5.14 ナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

山形市の木に指定されています。秋には美しい紅葉と赤い実を見せてくれますが、花は写真のように真っ白です。花径は1㎝程の5弁花。長い20本程の雄しべがフワッとした外観を作っています。名の由来はいろいろありますが、「材が堅く、7回カマドにくべても燃え残る」ことからというのが有力です。       (「大平沼」の東側、「ナナカマドの森」に植栽してあります。)

 

 

 

DSC_0334

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコヨウゾメ(レンプクソウ科)←スイカズラ科

ガマズミの仲間で、長い花柄を持ち、1㎝に満たない白い小花をまばらに垂れ下げて咲かせます。葉は乾くと真っ黒になる特性があり、これは他のガマズミには見られません。“ヨウゾメ”とはガマズミの事で、実が苦くて食べられないことから“オトコ”が付けられました。     (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

5.14 アズマギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマギク(キク科)

日当たりの良い所を好み、10~20cmの茎を真っ直ぐ立ち上げ、茎頂に、径3.5cm程の頭花を一つ付けます。舌状花は青紫色で数が多く、複数列を作ります。遅れて咲くミヤコワスレと一見、似ていますが、花弁の列が1列なので見分けがつきます。     (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

鶴が舞う姿に例えた…マイヅルソウ

投稿日:2016年5月13日

0509 マイヅルソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイヅルソウ(キジカクシ科)←ユリ科

広い葉を2枚大きく広げた形、鶴が舞う姿に例えての名です。葉は特徴のあるハート形で、茎は真っ直ぐでなく“くの字”に曲がり、その先に小さな花を付けます。よく見ると数mmの大きさの花弁は4枚で反り返ります。   (「マグノリア通り」の植え込みの下などに見られます。)

 

 

 

5.04 アイズシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイズシモツケ(バラ科)

九州~北海道の山地に自生する落葉低木。本園では2~3m程の高さです。小枝の先に、花径1cm程の小花を密生させます。花弁より長い多数の雄しべがフワッとした外観に見せて綺麗です。名は会津地方で初めて発見されたからです。  (「ロックガーデン」などで見られます。)

 

 

 

0509 ハナカイドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナカイドウ(バラ科)

中国原産の樹高5m程の落葉小高木。枝先に、花径3.5~5cm程の淡紅色の花を咲かせます。花後にリンゴに似た、径2㎝程の小さな赤い果実を付けます。実は食べられますが、結実することが少ないのが残念です。  (「吉林の庭」に見られます。)

 

 

 

0509 ズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズミ(バラ科)

リンゴによく似た花を咲かせる、落葉性の小高木。北海道~九州の山地に自生し、高さは大きいと10mに達します。花は花径2~3cmで白色、初めは紅色を帯びています。リンゴの台木として利用されることで知られています。  (「マグノリア通り」などに見られます。)

 

 

 

0509 チゴユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チゴユリ(イヌサフラン科)←ユリ科

今、園内を少し山道に入ると、足元に白くて小さな花をよく見つけることができます。茎の高さは20cm程で、茎頂に白色6弁星形の小花をうつむき加減に付けているのが本種です。花後には、小球形の液果を、黒色に熟して付けます。    (園内のあちらこちらの山道に見られます)