カレンダー

2015年9月
« 8月 10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

秋の名を付けた花?…「コスモス」(秋桜)

投稿日:2015年9月6日

9.05 コスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモス(キク科)

メキシコ原産の一年草。茎の高さは1.5~2mになります。葉は対生し、羽状に分裂し、裂片は線形です。分枝した枝の頂に径6cm程の美花を盛んに開きます。色は白色、淡紅色、深紅色と多彩です。頭花は、8個の舌状花が周囲に並び、中心の目立たない黄色の筒状花が結実します。「コスモス」は、学名の属名の日本語読みで、花が美しいことを意味します。     (「花の草原」などに生育)

 

 

 

9.05 キバナコスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナコスモス(キク科)

メキシコ原産の1年草で、昭和になってからようやく一般化しました。茎の高さは40~60cm。長い柄の先に、径6㎝ほどの大型の花を1つ付けます。コスモスとよく似た花は濃橙黄色で、舌状花の先端には数個の切れ込みがあります。コスモスより背丈が低く、開花は早いようです。和名は、黄花を開くコスモスの意味です。   (「友好姉妹都市の庭」に生育)

 

 

 

9.06 ヤブツルアズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブツルアズキ(マメ科)

いたるところの原野の草地に生える一年生のツル状草本。全体に粗毛がまばらに生えます。茎はツルになって、葉は互生し、長柄のある三出複葉です。葉腋から出た花序軸に付く黄花がユニークで、旗弁は円形で直立し、その下に他の花弁を抱き竜骨弁は2枚が合着して、らせん状に曲がる形となっています。雄しべも雌しべも竜骨弁に挟まれて同様に曲がります。写真では花の下の方に、ササゲのような果実が見えます。      (「学習センター」の植え込みに見られます)

 

 

 

9.05 ニラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニラ(ユリ科)

多くは畑に栽培されますが、山野に時に野生化する多年草です。料理に使うこの草は、写真のような可憐な花を咲かせます。30~40cmの高さの茎の先端に、通常は半球状の散形に白花を付けますが、条件によっては写真のようにパラッとした形に花を付けます。純白な6弁花は径6~7mmで平らに開きます。      (「友好姉妹都市の庭」に見られます)