カレンダー

2015年7月
« 6月 8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

日本の美…カワラナデシコ

投稿日:2015年7月8日

7.08 カワラナデシコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコ(ナデシコ科)

各地の山野に自生する多年草です。草は50cm程の茎が数本固まって生え、対生する葉は線形で、粉をふいたような緑色をしています。まばらに分枝した先端に、径4~5cmの5弁花を付けます。花弁の先端は糸状に裂けて繊細で、日本の野草の中でも最も美しいものの1つです。

 

 

 

7.08 ホザキナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホザキナナカマド(バラ科)

里山の人家の庭先などに植えられる、高さ2~3mの落葉低木。葉は奇数羽状複葉で、枝先に10~20cm程の円錐花序を付けます。径6~7mmの白色の5弁花を多数つけますが、雄しべは花弁より長く突き出るのが特徴です。

 

 

 

7.08 イワガラミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワガラミ(アジサイ科・ユキノシタ科)

名前の通り、幹や枝から気根を出して、岩や木に絡みながら這い登り、10mにもなるツル性の落葉樹です。ガクアジサイのように中心部には小さな両性花が集まり、縁には装飾花が並びます。装飾花の花弁状の萼片が1枚しかないのが大きな特徴です。

 

 

 

7.08 ホンカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンカンゾウ(ユリ科)

中国原産で、日本に自生はなく、しばしば植栽されます。高さ60~100cmの茎を直立させ、数個の花を付けます。長さ7cm程の一重の花被片を持つ花は、しゃくれたように上を向いて咲きますオレンジがかった黄色も特徴ですね。

茎が直立する「タチフウロ」

投稿日:2015年7月7日

7.05 タチフウロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチフウロ(フウロソウ科)

山地の草地などに生える、草丈50~80cmの多年草。細く立ち上がった茎の先に、淡紅色で濃い紅色の筋が入った5弁花を付けます。和名の由来は、茎が長く「立ち上がった姿のフウロソウ」ということです。(花径は2.5~3cm)

 

 

 

7.05 ヤマブキショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキショウマ(バラ科)

山地の林縁や岩場に分布する、草丈30~90cmの多年草。3出複葉の小葉は、葉脈の平行感はっきりしているのが特徴です。茎先に、複数の総状花序を円錐状に出し、黄白色の小花をたくさんつけます。5弁花で、雄花には花弁より長い雄しべが20本あります。小葉の形がヤマブキに似るので、この名です。

 

 

 

7.05 ドクゼリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクゼリ(セリ科)

日本三大有毒植物の一つ。セリに似ていますが、草丈は80~100㎝と大きく、地下茎も太く、まるで筍のような節があります。若葉をセリと間違って摘み、中毒してしまうことがあるようです。茎先に、複数の散形花序を組み合わせて出し、花径3~5mmの白い小花を多数つけます。(註:日本三大有毒植物とは、トリカブト、ドクウツギ、ドクゼリ)

 

 

 

7.05 オオマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオマツヨイグサ(アカバナ科)

花は夕方に開き、朝にはしぼむ、黄色い一日花です。花径は6~8cmと大きく、花弁はハート形で4枚あります。夕方開花するので、「宵待ち草」「月見草」などの通称があります。1.5mにもなる茎には堅い毛があり、毛の基部がふくれて暗赤色を帯びる特徴があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

遅く咲く、ミズキの仲間…「クマノミズキ」

投稿日:2015年7月5日

7.02 クマノミズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキ(ミズキ科)

各地の山地に生える、樹高8~12mの落葉高木。ミズキは葉が互生しますが、本種は有柄の葉が対生します。新枝の先に、径8~41cm程の散房花序を作ります。花は1cm程の白色の4弁花を多数つけます。近種のミズキより1か月ほど花期が遅れます。熊野に多い事が和名の由来のようです。

 

 

 

6.30 ミヤマシャジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマシャジン(キキョウ科)

本州中部以北の山に生える多年草。直立した20~40cm程の茎の先に、鐘型の花を下向きに付けます。花径は1~3cm程。萼片は広披針形で全縁です。よく似たヒメシャジンは、萼の縁に細かい鋸歯があります。「ロックガーデン」に咲いています。

 

 

 

0719チダケサシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チダケサシ(ユキノシタ科)

湿り気のある山野に生える多年草です。葉は2~3回羽状複葉です。斜上した花茎に、淡紅色~白色の小花をたくさんつけます。葯が紅紫色なので、花全体がピンク色に見えます。和名はチダケ(乳茸)を持って帰るときに、この草の茎に刺して持ち運んだことに由来するそうです。

 

 

 

0716メマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メマツヨイグサ(アカバナ科)

北米原産の帰化植物で、道ばたや荒れ地などに生える多年草。草丈は30~150cmで、茎には上向きの毛があります。花は径3~4cmで、花弁は4個あり、夜も咲いていますが、日中も残り、明るい時に見ることができます。和名は、小型という点が女性を思わせるので“女待宵草”のようです。