カレンダー

2015年7月
« 6月 8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

山形市が基準標本の産地…ビロードトラノオ

投稿日:2015年7月26日

0725ビロードトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードトラノオ(ゴマノハグサ科)

高さ40~80cmの茎を立ち上げ、茎先に、長さ15cm内外の穂状の花序を付けます。葉の両面は、ビロードのような手触りの軟毛が生えていて、和名の由来となっています。園内にはオカトラノオ、ヌマトラノオ、トラノオ(別名クガイソウ)などの似た花が咲きます。絶滅が危惧される植物で、山形市が基準標本の産地となっています。    (「七草の庭」東側に生育)

 

 

 

0802シデシャジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シデシャジン(キキョウ科)

本州~九州の山地に生育する、高さ50~100cmの多年草。紫色の花弁は細く5つに裂け、強く反り返るので萼片に見えます。この様子が、紙で作る“四手”に似ているのでこの名です。花冠は、長さ2cm程です。  (「アジサイロード」から杉林に入ったところの林床に生育)

 

 

 

0725クルマユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマユリ(ユリ科)

亜高山~高山の草地に自生する、草丈30~100cmの多年草。茎の中央より下側に、細長い葉が10枚内外、車輪の様に輪生し、上部には小さな葉が互生します。この輪生する葉の様子から、“クルマ”が付きました。花径は5~6cmで、枝分かれした茎先に数個つきます。   (園内のところどころに見られます)

 

 

 

7.22 キンミズヒキ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンミズヒキ(バラ科)

九州~北海道の道端や草地に生える、高さ30~80cmの多年草。トラノオに似た花穂を付けます。花は黄色で、径7~10mm程。根もとから順々に咲き進みます。花よりも果実(種)が知られており、副萼片が変化しカギ状の刺になり、動物や衣服にくっつくのです。   (園内のあちこちにあります)

 

 

 

0802ベロニカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベロニカ(ゴマノハグサ科)

ヨーロッパ原産の、草丈10~100cmの多年草。真っ直ぐ立ち上げた茎先に、10~20cmの花穂を付けます。本種は、美しい青紫色をしているので、別名「ルリトラノオ」と呼ばれます。下から次々に咲き上がるので、長い間、花を楽しむことができます。     (「友好姉妹都市の庭」に植栽)