カレンダー

2015年7月
« 6月 8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

鳥の翼のような花…サワギキョウ

投稿日:2015年7月25日

7.22 サワギキョウ26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワギキョウ(キキョウ科)

日本各地の湿地に生育する、草丈50~100cmの多年草。本園では、「ミズバショウの谷」に見られます。花は、互生する葉腋に付き、2唇形で鮮やかな紫色。花の形が飛ぶ鳥の姿に見えて美しいと言う人もいます。和名は「沢に咲くキキョウ」と思われます。

 

 

 

7.25 ダキバヒメアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダキバヒメアザミ(キク科)

新潟県~東北地方の低地や山地帯の林縁などに生える多年草。草丈は1.5~2m程で、羽状に裂ける葉は基部で茎をしっかりと抱きます。短い柄の先に、長さ2㎝、花径2㎝程の紅紫色の花を1つ付けます。名は“ヒメアザミ”(ナンブアザミ)に似ていて、しかも茎を葉が抱いている様子からです。  (園内のあちこち)

 

 

 

0725ヒオウギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒオウギ(アヤメ科)

日当たりの良い山地に生える、草丈60~100cmの多年草。径3~4cmのオレンジ色の6弁花を付けて美しいのですが、特徴的なのは花よりも葉。多少白っぽい葉は広い剣状で扇形に並び女雛が持つ檜扇に似ているので、名が付いたほどです。花後には径5mm程もある真っ黒い丸い種を多数つけます。     (「七草の庭」に植栽)

 

 

 

7.22 ユウガギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユウガギク(キク科)

九州~北海道の湿地や畦道に多い、草丈1~1.5mの多年草。似たような野菊の仲間がたくさんありますが、ユウガギクの特徴は葉。長楕円形の葉は先がとがり基部はだんだん狭くなり縁には大きな鋸歯があり、葉柄がほとんどないのが本種です。冠毛の長さで見分けるのが正しいようですが、簡単ではありません。「ゆずの香りがする」ので“柚香菊”と言いますが、あまり香らないようです。      (園内のあちこち)