カレンダー

2015年7月
« 6月 8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

神秘的な「ハス」

投稿日:2015年7月16日

7.14 ハス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハス(スイレン科)

古く大陸から渡来し、仏教との関わりが強い植物で、よく寺院の池などに植栽されます。切れ目のない、径30~50cmの丸い葉を水面から立ち上げ、花茎もまた水面より高く立ち上がります。花は普通は花弁が16片程度、花径は20cmほどで、美しい上に芳香があります。地下茎の肥大したものが“蓮根”です。   (「クリンソウの谷」に生育)

 

 

 

7.14 キハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キハギ(マメ科)

樹高1~3mほどの落葉低木。葉は3出複葉で互生します。葉の表面は濃緑色で無毛ですが、裏面は灰緑色で全面に毛があります。花は淡黄色で、旗弁の中央部翼弁紫色を帯びるのが特徴です。他のハギに先駆けて、早々と咲きだしました。   (「ロックガーデン」に生育)

 

 

 

7.14 ネジバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジバナ(ラン科)

日当たりの良い野原や田のあぜ、芝生などに生える多年生草本。直立した10~30cm程の花径は淡緑色で上部が捻じれ、横向きに咲く鐘型の小花(5弁はピンク、唇弁は白)の並びも、捻じれたように付くため、和名の由来になっています。       (園内の通路横などで見つけられます)

 

 

 

7.14 シロバナトウウチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナトウウチソウ(バラ科)

東北地方の高山帯に生える、日本固有の多年草で、草丈は30~60cm程。葉は奇数羽状複葉で茎頂に穂状の花序を付けます(花穂の長さは5cm程)。花はほとんど白色ですが、紅色を帯びるものもあります。花弁はなく、花弁状の萼片長い雄しべが目立ちます。    (「ロックガーデン」に生育)

 

 

 

0715ガクアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガクアジサイ(ユキノシタ科)

暖かい地方の山地などに生える、高さ2m程の落葉低木。葉は長卵形で厚く、梢上に大形の花序を付けます。中心部は小さい碧紫色の両性花が多数密生し、周囲には大型の装飾花が並び、まるで額縁のように見えるので、この名が付きました。     (「吉林の庭」などに生育)