カレンダー

2015年6月
« 5月 7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

季節の花がつくる「アジサイロード」

投稿日:2015年6月20日

 野草園の外周をめぐる道路の南側に「エゾアジサイ」が咲きだし、“アジサイロード”を演出しています。

 

6.10 エゾアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(アジサイ科、ユキノシタ科)

日本固有種で、本州北部~北海道及び日本海側の山地などに生えます。高さは1~2mで、青色、淡青色の小さな両性花周りに、花弁4枚の装飾花を付けます。ヤマアジサイの変種とされますが、ヤマアジサイよりは一回り大きいようです。面白いのは、両性花の受粉が終わると、周りの装飾花がクルリと裏返って“役目が終わったよ”と教えてくれるところです。

 

 

 

0628マタタビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マタタビ(マタタビ科)

山地に生える雌雄異株のツル植物です。特徴的なのは、花期になると枝先の葉が白く変色することです。まるで花の位置を教えているようです。そして、葉腋に、芳香のある梅の花に似た5弁の花を咲かせます。花後には、小さな尖った柿のような実を付けます。

 

 

 

0622アワモリショウマ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワモリショウマ(ユキノシタ科)

九州~近畿地方の山地などに自生しますが、観賞用に庭園にも植えられる多年生草本です。草丈は40~60cm程で、茎先に円錐花序を作り、極あわく紅色を帯びた白い小さな花を多数つけます。この小さな花は5弁花で、小花が泡を盛ったように多数つく姿に和名の由来があるようです。

 

 

 

6.20 クマツヅラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマツヅラ(クマツヅラ科)

山野や道端に生える多年草です。草丈は50~80cmで、茎は四角形で直立し、枝先に細長く柄のない紫色の小花を多数つけます。花径は4mm程度で、花冠は5裂しています。花は下から上へと咲きあがります。ハーブとしての名は「バーベイン」。

 

 

 

0625ヤナギラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギラン(アカバナ科)

山地の日当たりの良い所に生える多年草。茎は直立して分枝せず、草丈は50~150cm。茎先に総状花序を出して、花径3~4cmの紅紫色の4弁花を付けます。花は下から上へと咲き上がります。名は、細い葉がヤナギに似て花がランを思わせるところから来ています。

 

 

 

 

名前が雅な「キョウガノコ」

投稿日:2015年6月18日

花の姿も綺麗で雅(みやび)ですが、名前もなかなかです。

6.17 キョウガノコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョウガノコ(バラ科)

コシジシモツケの栽培種で、自生しているのは見られないそうです。葉は深く掌状に裂け、草丈は80cmほどで、茎頂に紅色5弁の小花を密生してつけます。長い雄しべがフワッとした外観を作っています。花の様子が“鹿の子絞り”に似るため、この名が付きました。

 

 

 

6.18 クリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリ(ブナ科)

山に生える落葉高木で、15m以上になる時もあります。雌雄同株で、雌雄異花雄花は尾状の花穂となって多数の黄白色の細花を付け、今頃の山肌を賑やかに飾っているのをよく見かけます。花は強い匂いを放つので、「なるほど虫媒花」と、納得します。雌花は、雄花の花穂の下部に付いています。

 

 

 

6.18 オオコメツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオコメツツジ(ツツジ科)

北陸~東北の山地に生える落葉低木(高さは1m程度)。コメツツジに似ていますが、全体にやや大形で、葉の3脈が目立つという違いがあります。花は枝先に8mmほどの小花を4~7個付けます。「ロックガーデン」に咲いています。

 

 

 

6.18 ママコナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママコナ(ゴマノハグサ科)

九州~北海道の山地の林下等に生える、高さ30~50cmの半寄生植物。枝先に花穂を出し、葉腋に、長さ1.5cmほどの赤紫色の唇形花を付けますが、その唇弁に二つの飯粒状の白い斑点が目立つので、和名が付きました。“種が米粒に似ているから”という説もあるようです。

 

 

 

ホタルを入れて遊んだという「ホタルブクロ」

投稿日:2015年6月17日

6.13 ホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルブクロ(キキョウ科)

チョウチンバナ、ツリガネソウ等の方言がある山野に生える多年草。草丈は30~80㎝程で、茎先や葉腋に、長さ4~5cm程の釣鐘状の花を咲かせます。花色は関東では赤紫色が、関西では白が多いようですが、本園には両色とも咲いています。和名は、子供たちが花にホタルを入れて遊んだことに由来するようです。

 

 

 

0622キンコウカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンコウカ(ユリ科)

少し高い山の湿地などに生える多年草で、しばしば群生します。草丈は20~40㎝程で、尖った黄色の花弁を持つ1~2cm程の花を,総状に多数つけます。和名は、“黄色の花を金”に、“鮮やかさを光”に例えて「金光花」と名付けられました。

 

 

黄花で、大きめの花も咲きだしました。

0624トビシマカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トビシマカンゾウ(ユリ科)

飛島と佐渡島の海の近くに生える、草丈1~2mの多年草。草丈が高い点がニッコウキスゲとの大きな違いで、黄橙色の6弁花を茎先に10個ほど、次々に咲かせる点は同じです。花はもったいないのですが、一日花です。花やつぼみを食用にしたり、稲わらの代用とするなど,飛島では良く利用されていたそうです。

 

 

たぶん、ご覧になったことのない花では?

0702ジュンサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンサイ(スイレン科)

多年生の浮葉植物で、若芽の部分を食用にするので有名です。地下茎は水底の泥の中にあり、そこから茎が伸びて水面近くまで達します。そこからまばらに葉柄を伸ばし、その先に葉を付けるのです。花は、水面に伸びた茎の先に付き、径1~1.6cm程。花弁、萼とも3枚ずつですが、花弁は紫色であまり目立ちません。

 

 

 

6.17 バイカウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイカウツギ(ユキノシタ科)

各地の山に自生する落葉小低木。枝先や葉腋に数個ずつ4弁の美しい白花を付けます。花弁、萼とも4枚あり、花径は3~4㎝。和名は、「花がウメの花に似ているウツギ」の意です。