カレンダー

2015年5月
« 4月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

世界に1本だけの「ミヤマカスミザクラ」

投稿日:2015年5月1日

今の所、世界に1本だけと言われるミヤマカスミザクラが昨日から咲き始めましたが、花の進みが早く、今日はもう見ごろを迎えました。

 

5.01 ミヤマカスミザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカスミザクラ(バラ科)

ミヤマザクラとカスミザクラの節間雑種。両者の一部の特徴を受け継いでいる貴重なサクラです。白っぽい花ですが、日本人の感性に訴える、清楚な花です。長く咲いてはいないと思いますので、すぐに見にいらしてください。

 

 

5.01 ヒトリシズカ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトリシズカ(センリョウ科)

高さは10~30㎝、4枚の葉が輪生状に付きます。その中心から花茎を出し、1本の穂状の白い花をブラシ状に付けます。その可憐な姿も、これまた日本人の好みに合うものです。花穂を2本以上付けるフタリシズカと対比した名前になっています。

 

 

5.01 アズマシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマシャクナゲ(ツツジ科)

東北や関東など、東国に分布するのでこの名です。枝先に数個の花をまとめて咲かせます。葉の裏面に灰褐色の真綿状の軟毛があるのが特徴です。東北では、ウラジロシャクナゲと言う所もあります。シロバナシャクナゲも咲いています。

 

 

5.01 ヒメツルニチニチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

花が似ているニチニチソウは、寒さに弱いそうですが、本種は寒さに強く、どんどん増えています。紫色の花は5裂して平らに開き、扇風機の羽根のように回旋状に重なっています。