カレンダー

2015年5月
« 4月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花笠踊り?「オドリコソウ」

投稿日:2015年5月19日

5.14 オドリコソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オドリコソウ(シソ科)

ヨーロッパ原産のヒメオドリコソウが幅を利かせていますが、野草園の本種は、それよりも大型で、東アジアの温帯に生育する多年草です。葉の腋に、淡紅紫色の花を数個輪生しますが、一つ一つの花が、笠をかぶった踊り子の姿をはっきりと連想させます。

 

 

5.19 センダイハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センダイハギ(マメ科)

東北~北海道の砂地に多い多年草。草丈は、50~80㎝程で、茎からマメ科の特徴である“蝶型花”(径2㎝程)をたくさんつけます。色は、写真のような鮮やかな深黄色です。漢字では「先代萩」と表され、歌舞伎からきているようです。

 

 

5.14 アズマギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマギク(キク科)

乾いた草原などに、青紫色の花を点々と咲かせる多年草。草丈は20㎝程で、茎は太く毛があります。茎頂に径3.5㎝程の頭花を1つ付け、舌状花は淡紫色で複数列に並びます。本園では、「野草の丘」などに生育しています。

 

 

5.19 セイヨウオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウオダマキ(キンポウゲ科)

アメリカオダマキの園芸品種「クレメンタインブルー」。葉を見ると、オダマキ特有の“粉を噴いたような緑色”です。花は八重咲きで、何弁にも見え優雅です。上向きに咲くのも特徴です。

 

 

5.14 ツクバネウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネウツギ(スイカズラ科)

本州~九州に自生する落葉低木で、樹高は1~2m程度、花は筒状鐘型で淡黄白色です。5個の大きな萼片があり、花後も残って“羽根つき”の羽根に似るのでこの名です。

 

 

5.19 キレンゲツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレンゲツツジ(ツツジ科)

レンゲツツジのうち、黄色や橙黄色の花を咲かす種です。葉は全縁でわずかに波打ち、葉裏や葉柄には毛があります。花は径5~6㎝と大形の花で、5弁の内、上弁に褐色の斑紋が入ります。花と葉は同時に開くようです。

 

 

5.16 ヒメカイウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメカイウ(サトイモ科)

中部以北~北海道の低湿地や水辺に生える多年草。仏炎苞(花びらに見えるところ)は白く、真ん中に肉穂花序があり、草丈は10~20㎝と、見た目はまさに“小形のミズバショウ”です。本園では、「クリンソウの谷」の東側に咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

陽光に葉が輝く「イワカガミ」

投稿日:2015年5月17日

5.14 オオイワカガミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオイワカガミ(イワウメ科)

北海道~九州まで、全国のやや高い山に分布する多年草。あちこちに岩が顔を出すような斜面などに好んで生えます。草丈は10~15㎝程、円形で鋸歯のある葉はとても艶やかで、“カガミ”の名の由来です。花弁の先が細かく裂け、フリルの様できれいです。  

 

 

5.17 ヒメシャガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメシャガ(アヤメ科)

東アジア原産の常緑多年草。細長い葉で草丈は20~30㎝、花径は4㎝程で、美しい淡紫色の花を、花径に2,3個咲かせます。花びらの中央は白色で、紫色の脈と黄色の斑紋が見え、、トサカ状の突起があるのが特徴です。

 

 

5.17 フデリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フデリンドウ(リンドウ科)

春に咲くリンドウです。本園では「ひょうたん池」の西側にたくさん咲いています。和名は、茎頂に咲く花の姿が、筆の先を思わせるためのようです。寒かったり、曇ったりすると花は又閉じてしまいます。

 

 

5.17 キヌガサソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キヌガサソウ(ユリ科)

本州中部以北の日本海側、山地帯の湿った林内などに自生する多年草で、日本特産です。葉は輪生し全縁、中心に径6~7㎝の白花を一輪付けます。本園では、今の所、2株咲いています。

 

 

5.17 トチノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチノキ(トチノキ科)

山地に生え、大形の掌状複葉が対生します。そして、枝先に大きな三角形(円錐)の花序を作ります。花は白色で、紅色を帯びた4弁花で、20~30個の小花で花序は形成されています。とても甘い、バニラのような香りのする花です。

 

 

5.17 ミツバウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバウツギ(ミツバウツギ科)

山地に自生する高さ3mほどの落葉低木。葉は3出複葉で、花がウツギに似るのでこの名です。山形では、若芽は「ナンマイパ」と呼ばれ、おいしい山菜の一つです。

 

 

5.17 ツリバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリバナ(ニシキギ科)

北海道~九州に分布する落葉低木。枝から長い柄のある花序を出すことが和名の由来になっています。淡緑色で小さな花は目立ちませんが、真っ赤な果実(種)が長い柄にぶら下がると、美しく目立ちます。

 

 

5.17 ホオノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホオノキ(モクレン科)

花は径30㎝程と大きく、甘い香りがします。花弁は9枚ほどで、クリーム色をしています。雄しべは多数で花糸は赤く、雌しべは円錐形に多数つきます。花だけでなく葉も香りが良く、“朴葉味噌”などの朴葉焼きに使われます。

 

 

 

 

 

 

 

うつむき加減に咲く「ミヤマオダマキ」

投稿日:2015年5月15日

5.14 ミヤマオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマオダマキ(キンポウゲ科)

中部地方以北の高山に分布する多年草。葉は表面に粉を噴いたようで、薄くて淡緑色です。高さ10~20㎝程の茎の先端に、うつむき加減に花を付けます。先端は白っぽく、萼の間を抜けて後ろに距が伸びています。オダマキより背丈が低く、深山に咲くのでこの名のようです。

 

 

5.14 サラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)

ドウダンツツジの仲間では、最も北方まで分布するそうです。本園では、「中央広場」と「ツツジの丘」に植栽しています。淡紅白色の花に紅色の縞があります。この更紗模様が名の由来になっています。白い「ドウダンツツジ」は壺形ですが、本種は鐘型です。

 

 

5.14 ドイツスズラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツスズラン(ユリ科)

本州中部以北の高山に自生する多年草。葉の腋から葉より高い花茎を立て、十個ほどの白い鐘型の花を総状に付けます。花径は、1~1.5㎝程、花後には球形の真っ赤な液果ができますが、有毒のようです。

 

 

5.14 フジ5.14 ヤマフジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左:フジ(マメ科)        参考に、右:ヤマフジ(マメ科)

落葉性のツル性木本です。花は長く伸びて、柄の根もとから先に向けて次々咲くので、花の姿が逆三角形になるのが特徴です。対してヤマフジは、いっせいに花が咲くので楕円形のような花姿になります。また、フジとヤマフジではツルの巻き方も正反対です。