カレンダー

2015年5月
« 4月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

香りのよいサクラ『ウワミズザクラ』

投稿日:2015年5月6日

 

 

世界に1本だけの「ミヤマカスミザクラ」は、ほとんど散ってしまいましたが、比較的遅く咲くサクラが咲きだしました。

 

5.06 ウワミズザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

似た仲間に「イヌザクラ」「シウリザクラ」があり、いずれもコップを洗うブラシのような総状花序を付けます。長い雄しべが目立つ白い花序が風に揺れる様子は、動物のしっぽのようにも見えます。とても香りのよいサクラです。

 

 

5.06 ミヤマガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(スイカズラ科)

北海道~九州の山地に生える、高さ2~3mの落葉低木。葉は広倒卵形で、普通葉の表面に毛はありません。枝の先に、散房花序を出し、白い小花を多数咲かせます。秋に赤く熟す実は酸っぱく、子供の頃に食べた方も多いのではないでしょうか。

 

5.04 サワオグルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワオグルマ(キク科)

本州~九州の湿原などに生える多年草。草丈は50~80㎝になり、茎の先に径3~4㎝の黄色い頭花を散房状に多数つけます。花を間近で見ると、キク科であることに納得します。本園では「ミズバショウの谷」付近にたくさん生育します。

 

 

5.06オサバグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オサバグサ(ケシ科)

1属1種の日本特産の植物。シダに似た葉が根もとで四方に広がり、その葉の中心から高さ30㎝内外の茎を立てて、白色の4弁花を下向きに付けます。和名は、葉の形がクシの歯のようで、機織りの“おさ”に似ていることから来ました。東トイレ近くの杉林の林床に咲いています。