カレンダー

2015年4月
« 3月 5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

2枚の葉を付けると咲く「カタクリ」

投稿日:2015年4月17日

4.17 カタクリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタクリ(ユリ科)

山野に自生する多年草。(表面に紫斑のある)葉が2枚になると開花しますが、1枚だけのものは地下茎(鱗茎)が小さくて、花は咲かせられません。うつむき加減の淡紅紫色の花は、まさに“春の妖精”。もう少しすると、斜面一面を、紫に染めたように咲き誇ります。

 

 

4.17 ジュウガツザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュウガツザクラ(バラ科)

野草園には、18種類ほどのサクラがありますが、その中で、最初に咲くのが本種です。名の通り、秋にも咲く、小型の八重咲きのサクラです。コヒガンザクラの一品種で、雌しべが長く出るのが特徴の1つです。

 

 

4.17 イワウチワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワウチワ(イワウメ科)

団扇のような形の葉から、こう呼ばれます。薄桃色の花弁が、フリルのように細かく裂け、とても美しい花です。15日に紹介したオオイワウチワより、葉も花も1回り小さく、葉はどちらかというと横長です。

 

 

4.17 シロバナショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナショウジョウバカマ(ユリ科)

山地の斜面や湿地に多く生育し、本園では、「水辺の広場」周辺に多く見られます。ロゼット(地面に這った葉)で冬を越し、雪解けとともに茎を伸ばして、やっと咲き出しました。花色が違うだけでなく、花柱が大きい等の特徴を持つ、ショウジョウバカマとは別の種です。