カレンダー

2015年4月
« 3月 5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

寒さに、ちょっとだけ足踏み

投稿日:2015年4月8日

季節が冬に逆戻りしたような気候です。今朝の野草園は、2度でした。でも、この寒さの中でも、花たちはけなげに咲いています。ただし、咲き進むのは、ちょっとだけ足踏み……。

 

4.08 リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

水辺の好きな多年草。金色(黄色)の花を茎の上に立ち上げるのでこの名です。雪解けとともに顔を出していましたが、ようやく咲く花の数が増えてきました。賑やかに咲くのは、もう少し後です。

 

 

4.08 ヤマネコヤナギ - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマネコヤナギ(ヤナギ科)

「ネコヤナギ」は水辺が好きですが、本種は少し高い丘陵のようなところに生育しているようです。雌雄異株で、今頃の雄株の尾状花序は、長い雄しべの先の黄色い葯(花粉袋)が目立ちます。遠くから見ると、まるで黄色い花が咲いているようです。

 

 

4.08 キヌヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キヌヤナギ(ヤナギ科)

葉の裏が絹のような毛で覆われているのでこの名があります。この辺りにあるものは、ほとんどが植栽された雄株です。本種の尾状雄花序は、葯が紫褐色をしています。前述のヤマネコヤナギとは、対照的な色をしていますね。

 

 

4.08 キブシ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キブシ(キブシ科)

林縁が好きなようで、本園では、散策路の縁に生育しています。周囲に緑の葉が少ない今、鈴なりになった黄色い鐘型の可愛い花が目につきます。本種も雌雄異株ですが、花の中の雄しべや雌しべの目立ち方で見分けるので、見分けるのはなかなか難しいようです。昔は、実に含まれるタンニン(渋)を利用して、お歯黒に用いたということです。