カレンダー

2014年11月
« 10月 3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

毛皮を着たような冬芽「キタコブシ」

投稿日:2014年11月2日

1102キタコブシの冬芽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)の冬芽

本州中部地方以北の日本海側の山地などに生育する落葉高木。コブシと比べて、葉も花もやや大きいようです。葉を落とした枝を見ると、まるで毛皮を着たような冬芽がもうできていました。その芽の付け根には、小さな葉芽が付いているのが分かります。

 

 

1102トチノキの冬芽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチノキ(トチノキ科)の冬芽

先の尖っていない栗のような実を、今年も園内でたくさん拾うことができました。こちらの冬芽は、まるで革ジャンのようにつやつやしています。頂芽に触ってみると、樹脂を分泌しているので、指にべたつきます。

 

 

1102カリンの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリン(バラ科)の果実

中国原産の落葉高木。樹皮は毎年はがれ、幹に雲紋が現れます。春先に咲いた淡紅色の五弁花の後に、黄色くて卵形の実ができました。強い芳香があっておいしそうなのですが、木化してしまい生食はできません。

 

 

1102オオウバユリの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウバユリ(ユリ科)の果実

高さは、2mを超えるほど育ちます。茎の上の方に、黄緑色の花を横向きに10~20個ほど咲かせていましたが、そのあとに楕円体の果実を真っ直ぐ上向きに付けます。中は蒴果で、翼のある平たい種が、折り重なってたくさん入っています。風に乗って飛び散る種です。