カレンダー

2014年9月
« 8月 10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

舞子さんに負けずに多彩な植物たち

投稿日:2014年9月21日

今日は、読売新聞山形支局の社員さんによる「やまがた舞子撮影会」が行われました。

0921舞子の撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞子さんも色鮮やかですが、野草園の植物たちも多彩です…。

 

0921ツリフネソウの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

アフリカ原産の多年草。湿った場所を好み、3~4㎝ほどの袋状の花をつりさげるような形で付けます。花後にできる果実は、ラテン語で「インパチェンス=我慢できないの意」と言われるように、ちょっと触れただけでパチンと音が出るくらい勢いよく種を飛ばします。

 

 

0921ヤマナラシの葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマナラシ(ヤナギ科)

山地に自生する樹木。広楕円形の葉は裏が灰白色です。変わっているのは長ーい葉柄。わずかな風でも大きく揺れて、擦れてサワサワと音が出ます。それで「ヤマナラシ」の名が付きました。

 

 

風が吹くのを待たないで、自分の手で試せる植物もあります。

 

0921タケニグサの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケニグサ(ケシ科)

山野に生え、2mを超える高さとなり、姿が竹に似ることから「タケニグサ」なのですが、別名は「ささやき草」。花後にできた実が鈴なりになっているので、茎を揺すると“囁くような小さな音”が聞こえます。

 

 

0921クマノミズキの枝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキ(ミズキ科)

枝の張り方が特徴的で、扇形に広がった枝葉が階段状になります。そして今は、緑色だった花序の枝がサンゴのように鮮やかな赤に染まり、鳥を誘っているように見えます。