開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

メタカラコウより強い?「オタカラコウ」

投稿日:2014年8月8日

0808オタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタカラコウ(キク科)

日本各地の山地や湿原に生える多年草。高さは1~2mで,茎頂に黄色で径4~5㎝の頭状花をたくさんつけます。舌状花は8~10個あり、近縁の“メタカラコウ”の2.3個より多く、強そうに見えるのでこの名です

 

 

 

0806ツクシハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクシハギ(マメ科)

日本固有のハギで、山地に生える落葉低木です。白味を帯びた1~1.5㎝の淡紅紫色の花を咲かせるので、別名「ニッコウシラハギ」とも言います。

 

 

0808ゲンノショウコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

日本各地の草地や山地に自生しています。下痢止めの薬草として有名で、煎じて飲めばたちまち実感することから“現之証拠”と名付けられました。葉は掌状に分かれ、花は1㎝程度の5弁花です。

 

 

 

0808オグルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オグルマ(キク科)

田のあぜや野原に自生する多年草。茎長は60㎝ほどで枝分かれは少なく、茎頂に菊に似た鮮黄色の頭状花を付けます。花径は4~5㎝で、葉の裏や茎に白毛が密生します。

 

 

 

0808ヤブラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブラン(ユリ科)

山地の木陰に生える多年草。葉は深緑色の線形で光沢があります。葉の長さは30㎝ほどで、葉の間から葉と同じ長さ程の花茎を伸ばし、径1㎝ほどの淡紫色の花を数個ずつ茎につけます。葉を干して漢方薬に使うようです。

 

 

 

0808キオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キオン(キク科)

日本各地の深山に生える多年草です。草丈は1m前後、上部でよく分枝し、茎頂に径2㎝ほどの黄色いキクに似頭状花をたくさんつけます。舌状花は普通5個程度です。分布が広く、変化が多い種です。

花も実も素敵なのに「クサギ」

投稿日:2014年8月6日

0806クサギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサギ(クマツヅラ科)

日当たりのよい山野の林縁などに生える落葉小高木です。とても香りのよい花を多数つけます。アゲハが集まって蜜を吸いに来る人気の花です。果実の時期には実は藍色に、萼は濃紅色になり、鮮やかなコントラストです。花も実も素敵なのに、葉に臭気があるために「クサギ」と呼ばれます。

 

 

0806ヤナギタンポポ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギタンポポ(キク科)

山地の湿ったところに生える多年草。茎は直立し、上部で分枝し、黄色い頭花を付けます。花は舌状花だけからなり、タンポポに似ています。葉は互生で、ヤナギの葉形をしているので、この名が付きました。

 

 

0806ハナトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナトラノオ(シソ科)

北米原産の多年草で、草丈は40~120㎝。四方に突き出すように花が咲き、花穂が四角錐のようになるので、別名「カクトラノオ」。花径4㎝程の唇形で、内側に紅紫色の斑点があります。

 

 

 

0806ノカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノカンゾウ(ユリ科)

本州以西~中国に分布する多年草。草丈は60㎝前後で橙赤色の花を数個、上向きにつけます。花色には変異が多く、赤味の濃いものもあります。花被片は長さ7㎝ほどで6枚です。目立つ花ですが一日花で、夕方にはしぼんでしまいます。

 

 

 

0806ソバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソバナ(キキョウ科)

茎に円錐花序(下の方ほど分枝が多い花の姿)を出し、淡い紫色をした鐘型の花をまばらにつけます。卵形の葉は互生です。ツリガネニンジンと似ていますが、本種は花は輪生しないようです。

歯がない?ユリ…「オオウバユリ」

投稿日:2014年8月5日

0802オオウバユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウバユリ(ユリ科)

本州~北海道に生育する多年草。草丈は1.5~2mほどにもなり、茎頂に10~20個の、長さ15~20cm程の黄緑色の花を横向きにつけます。花が咲く頃には葉が枯れていることが多く、「歯(葉)がない姥(うば)」に例えて名が付いたようです。

 

 

 

0802ツリガネニンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリガネニンジン(キキョウ科)

北海道~九州の山地に普通に見られる多年草。草丈は約1m、3~6枚の葉が輪生します。茎頂に淡紫色の釣鐘型の花を付けますが、雌しべが花冠から少し突き出るようです

 

 

 

0802シデシャジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シデシャジン(キキョウ科)

本州~九州の山地等に生育する多年草。草丈は50~100㎝、長卵形の葉を互生し、茎頂と葉腋に花を付けます。和名の由来は、細かく裂けた花の様子を神前に供える「四手」に例えたものです

 

 

 

0802キツリフネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツリフネ(ツリフネソウ科)

北海道~九州に見られる1年草。低地の山林等、湿った半日陰地に生育します。草丈は50㎝ほどで、4㎝程の花を付けますが、色が黄色で、帆掛け船をつりさげた様な形から和名が付いたようです。

 

 

 

0802マルバハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバハギ(マメ科)

日当たりのよい山地に生える落葉低木。葉は3出複葉の楕円形で先の丸い小葉を付けます。そして、紫色の蝶型の花を密集して開きます。花序の長さは葉よりも短いようです