観察日記

ムカゴを付けるユリ「オニユリ」

投稿日:2014年8月15日

0815オニユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニユリ(ユリ科)

平地~低山で普通に見られる多年草。草丈は1~2mになり、葉は互生します。オレンジ色の6枚の花被片は強くそり返り、暗紫色の斑点があるのが特徴です。葉の付け根に暗紫色のムカゴを付ける事が、小型のコオニユリとのはっきりした違いです。

 

 

 

0815ホツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホツツジ(ツツジ科)

日本全土の山地、山里などに普通に自生する落葉低木です。枝分かれが多く、枝先に円錐花序様に、白色で先端に淡紅色の小花を横向きにつけます。雄しべ、雌しべは花冠から長く突き出ます。

 

 

 

0815イワショウブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワショウブ(ユリ科)

亜高山帯の湿原に生える多年草です本園では「ロックガーデン」に咲いています。葉は線形で、30~50㎝ほどの高さの茎の上に、白色の花を総状につけます。「イワ」の名が付いていますが、必ずしも岩の上に生えるものではないようです。

 

 

 

0815タイワンホトトギス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイワンホトトギス(ユリ科)

沖縄の西表島、台湾などの山地や湿った場所に生育します。草丈は30~50㎝になり、ホトトギスの仲間独特の斑点が花に入ります。本種は、タイワンホトトギスと日本自生のホトトギスの交雑種(園芸種)と思われます。

 

 

 

0815ヤマニガナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマニガナ(キク科)

北海道~九州の山地に生える多年草で、草丈は大きいと2mにもなります。葉は卵形ですが、下部の葉は羽状に裂けるものもあります。茎の上部に径2㎝ほどの黄色い頭花を付けます。舌状花は8~10個が普通です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タデ科の中でも大形の「オオケタデ」

投稿日:2014年8月12日

0812オオケタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオケタデ(タデ科)

昔、日本に渡ってきた植物で、今は観賞用として植えられている大形の1年草です。草丈は1.5m程にもなり、直立する茎は多数の枝を出し、葉とともに毛があります。淡紅色の小花をたくさんつけて、花穂を形作ります。

 

 

 

0812アキカラマツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキカラマツ(キンポウゲ科)

北海道~九州の山野に生える多年草。草丈は70~150㎝で、上部でよく枝分かれをします。茎の先に大きな円錐花序を出し、淡黄白色の小さな目立たない花を付けます。花弁はなく、花弁に見える萼もすぐ落下してしまいます。

 

 

 

0812フジバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジバカマ(キク科)

中国からの帰化植物で、秋の七草の1つです。草丈は1mを超え、葉は3裂するのが普通で、短い葉柄で対生します。渡りをする蝶「アサギマダラ」の吸蜜する主たる花となっています。

 

 

 

0812ヤブミョウガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブミョウガ(ツユクサ科)

本来は関東地方以西の暖地の、林床等に好んで生育する多年草です。葉がミョウガに似ているので、この名です。黒紫色をした果実でも、地下茎でも繁殖する植物です。

 

 

 

0812ヘラオモダカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘラオモダカ(オモダカ科)

北海道~九州の水田や浅い水中に生える多年草。名の通りは葉は細長いへら形です。茎は40~120㎝くらいの高さになり、3本ずつ輪生を繰り返し、先端に径1㎝ほどの白色の3弁花を付けます。

 

草?それとも木?「クサボタン」と「ボタンヅル」

投稿日:2014年8月10日

0810クサボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサボタン(キンポウゲ科)

本州の温帯に分布する半低木(下部が木質化するが草本)。葉がボタンに似ているのでこの名です。キンポウゲの仲間なので花弁はなく、花筒は淡紫色の萼で、そり返ってカールします。花の長さは2㎝程です。

 

 

0810ボタンヅル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンヅル(キンポウゲ科)

これもつる性の半低木。日当たりのよい山野に生え、木質化します。茎先や葉腋から花序を出し、白色の小花を多数咲かせます。花弁はなく、花弁に見えるのは4個の萼片です。

 

 

 

0810ガガイモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガガイモ(ガガイモ科)

日本や東アジア一帯に分布します。日当たりのよい草原や道端によく見られ、心臓型の葉が対生します。葉脇から淡紫色の花序を付けます。へクソカズラに似ていますが、悪臭はしません。

 

 

0810キバナコスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナコスモス(キク科)

メキシコ原産の1年草。コスモスの一種で、花色は橙色や黄色で、草丈は低めです。丈夫な性質で、夏の日差しに負けずに咲きます。