観察日記

ユリの王様「ヤマユリ」

投稿日:2014年7月19日

ユリの中でも、その風貌と強い香気から「ユリの王様」と呼ばれる「ヤマユリ」が咲き始めました。

 

0719ヤマユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマユリ(ユリ科)

本州中部以北の山地に生える日本特産の多年草です。茎は直立していますが、花が開くとあまりの重さで少し倒れるものが多いようです。大輪の花には強い芳香があり、花弁の内側には赤い斑点があります。

 

 

 

0716マツカサアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツカサアザミ(セリ科)

原産地はヨーロッパで、乾燥した草地に生える多年草。背丈1m前後の直立した茎は上部で枝分かれして、その先に淡青紫色の球状の美しい花をつけます。茎や葉に刺があるので“アザミ”の名が付いたのでしょう。

 

 

 

0719チダケサシ

]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チダケサシ(ユキノシタ科)

やや湿った山野に生える多年草。草丈は1m前後で、長い花茎を出して、分岐した茎に小さな花を密に付けます。小花は「葯(雄しべの先)」が淡紫色を帯びるので、花全体も淡紫色に見えます。長い茎に、“乳茸”と呼ばれるキノコを刺して持ち帰ったのでこの名が付いたようです。

 

 

 

0716マツムシソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツムシソウ(マツムシソウ科)

北海道~九州に分布する日本の固有種で、山地の草原に生育します。背丈は60~90㎝、花径は4㎝程度です。「タカネマツムシソウ」に比べて花自体が小さく、花弁も細いようです。和名は「マツムシが鳴く頃咲くから」というのが有力です。

 

 

 

0715ノギラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノギラン(キンコウカ科)

北海道~九州の山地に生える多年草。地面から出る根生葉は倒披針形で、中心から20~50㎝の花茎を伸ばします。穂状に淡黄緑色の小花を多数つけますが、あまり目立ちません。

 

 

 

 

山形県の花「ベニバナ」

投稿日:2014年7月17日

雨が続いていますが、野草園の花たちは次々に開花しています。

 

0716ベニバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナ(キク科)

エジプト原産と言われる1年草です。葉には鋭いトゲがあり、茎頂に鮮黄色の花を開きます。時がたつと黄色い花は赤みを増してきます。昭和49年には山形市の花にも制定されました。

 

 

 

0716オカトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカトラノオ(サクラソウ科)

山地や丘など、日当たりのよい草地に生える多年草。茎の背丈は50㎝内外。茎の頂に、一方に傾いた、動物のしっぽのような形の花の集まりをつけます。この白い小さな花の集まりをトラの尾に例えてこの名です。

 

 

0716ノコギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコギリソウ(キク科)

日本にも数種が自生する多年草。葉の縁が深く細かく切れ込んでおり、その様子を“ノコギリ”に見立ててこの名です。長く伸びた茎の先に、小さな花を円盤状に集めて咲きます。

 

 

 

0716カライトソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カライトソウ(バラ科)

主に山の草原に自生します。本園では、「七草の庭」あたりに咲いています。草丈は50㎝~1mほど。葉は楕円形で、縁に波型の鋸歯(ギザギザ)が入り、対生します。穂状の花は雄しべが長くて目立ち、その雄しべを“唐糸(絹)”に見立ててこの名です。

 

 

 

0716メマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メマツヨイグサ(アカバナ科)

北米原産の帰化植物。道端や荒れ地などに生える多年草です。背丈は30~150㎝、茎の上部に径5㎝内外の黄色の4弁花を咲かせますが、暗い時だけでなく、日中でも花が残って咲いています。

目立たない花です。「ヤブレガサ」

投稿日:2014年7月15日

目立たない花は,ちょっと可愛そう。よく見てください。

 

0715ヤブレガサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブレガサ(キク科)

本州~九州の山地の林下などに生えます。芽出しの頃の若い葉、掌状に深く裂けた様子が「破れ傘」に似るので有名です。花は茎の上の方に円錐状に多くつきますが、目立ちません。   

 

次の花も目立ちません。

 

 

0715タケニグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケニグサ(ケシ科)

茎は中空で長く伸び、2mほどになります。これが竹に似ているためタケニグサと言われるようです。葉が粉白色を帯びているので、全体も白く見えます。白色の小花を多数つけますが、花弁はなく、萼片2個は開花と同時に落下します。

 

次は目立ちます。

 

 

0715カワラナデシコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコ(ナデシコ科)

山野に自生する多年草。葉は対生し、花茎の先に咲く淡紅紫色の花は優美です。秋の七草に数えられていますが、もう咲き始めました。「撫子」は可憐な花の様子を現したものです。

 

 

 

0715ネムノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムノキ(マメ科)

葉は大形の偶数2回羽状複葉で羽片は10対ほど小葉は20対ほどあります。夜になると小葉が閉じるので“ネムノキ”です。枝先に10~20個の紅色の花を散形状に付け、日没前に開花します。

 

 

0715ヤマハハコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハハコ(キク科)

背丈は20~70㎝ほどで、茎には灰白色の綿毛が密生します。葉の裏面も茎と同じような白い毛が密生します。茎の上部に淡黄色の頭花を集めて付けます。白いカサカサした花弁状のものは、総苞片です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガクアジサイ()