カレンダー

2014年4月
« 3月 5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

今日は白い花が目立ちました。

投稿日:2014年4月19日

園内に白くて大きな花が咲きだしました。それは……

 

0209 キタコブシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)

ハクモクレンに似ていますが、花が横向きに咲くことや花の下に小さな葉が1枚付く点で見分けられるようです。少し甘くていい香りがします。

 

 

地面にも白い花が……

0155 シロバナショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナショウジョウバカマ(ユリ科)

地面に這った葉で冬を越し、暖かくなってすぐに茎をのばして咲きだしました。ミズバショウの谷の南側に咲いています。

 

 

そしてピンクの花も…

0205 オオイワウチワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオイワウチワ(イワウメ科)

イワカガミの仲間で、花びらが浅く裂けています。ロックガーデンに咲いています。

 

ロックガーデンには見つけにくい花も……

 

0044 ガンコウラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンコウラン(ガンコウラン科)

高山性の小低木。見た目は枯れた杉の葉のようですが、よく見ると花が咲いています。ロックガーデンの頂上付近の地面に這うように咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清楚で美しい花達が見事!

投稿日:2014年4月18日

野草園ならではの、派手ではないけれども凛とした花が今、見ごろです。

 

 

0117 アズマイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)

雪解けを待って、さっそく姿を見せる花の中でも、すっきりとした美しさを持っています。

イチリンソウの仲間で、後述の「キクザイチリンソウ」と似ていますが、葉の切れ込みが少なく、肩を落としているように垂れ下がっていることで見分けがつきます。

 

 

 

0144 キクザキイチゲ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチリンソウ(キンポウゲ科)

葉の切れ込みがキクに似ています。花色は、淡紫青から白色まであるようです。

 

※以上、この二つが今、ミズバショウの谷の東側斜面に咲き誇っています。

 

 

 

0124  カタクリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタクリ(ユリ科)

葉が二枚以上つくようにならないと花が開かないようです。根からとれる澱粉は“かたくり粉”と呼ばれます。

花盛りには、紫色が遠くからでも目立つようになります。これからが楽しみです。

 

 

 

0132 イワウチワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワウチワ(イワウメ科)

団扇(うちわ)のような葉の形から、こう呼ばれます。フリルの付いた薄桃色の美しい花です。ミズバショウの谷から南東へ伸びる道の杉林の中に咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野草園にもサクラが開花

投稿日:2014年4月15日

山形市街ではソメイヨシノが咲きだしましたが、ここ野草園でも開花のサクラが一種あります。

 

DSC_0085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュウガツザクラ(バラ科)

野草園内には18種類のサクラがあります。その中で、一番早く咲くのがこの木のようです。昨秋にも咲きましたが、春にも咲く小さくて可愛い八重咲きの花です。管理棟の近くに咲いています。

 

 

DSC_0105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニワズ(ジンチョウゲ科)

日本海側に咲く雌雄異株の低木。鬼を縛れるくらいしなやかな枝の性質から「エゾオニシバリ」の別名があります。藤棚の近くに咲いています。

 

 

DSC_0031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミチノクフクジュソウ(キンポウゲ科)

見た目は小型のフクジュソウのようですが、茎が枝分かれし、開花が遅く、茎も中空でフクジュソウとは別の植物です。フクジュソウの隣に咲いています。

 

 

 

DSC_0024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチリンソウ(キンポウゲ科)

雪解けを待っていち早く咲きだす花の一つです。葉の切れ込む様子がキクの葉に似ているのでこの名がついたようです。園内地図の24番付近に多く咲いています。

 

 

 

DSC_0098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

冬の寒さに負けずに緑色をしているので“寒葵”と名が付いたようです。目を凝らしてみないと、見逃しそうな地味な花ですが、江戸時代には大いにもてはやされた植物ということです。