カレンダー

2014年4月
« 3月 5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

野草園にもサクラが開花

投稿日:2014年4月15日

山形市街ではソメイヨシノが咲きだしましたが、ここ野草園でも開花のサクラが一種あります。

 

DSC_0085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュウガツザクラ(バラ科)

野草園内には18種類のサクラがあります。その中で、一番早く咲くのがこの木のようです。昨秋にも咲きましたが、春にも咲く小さくて可愛い八重咲きの花です。管理棟の近くに咲いています。

 

 

DSC_0105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニワズ(ジンチョウゲ科)

日本海側に咲く雌雄異株の低木。鬼を縛れるくらいしなやかな枝の性質から「エゾオニシバリ」の別名があります。藤棚の近くに咲いています。

 

 

DSC_0031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミチノクフクジュソウ(キンポウゲ科)

見た目は小型のフクジュソウのようですが、茎が枝分かれし、開花が遅く、茎も中空でフクジュソウとは別の植物です。フクジュソウの隣に咲いています。

 

 

 

DSC_0024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチリンソウ(キンポウゲ科)

雪解けを待っていち早く咲きだす花の一つです。葉の切れ込む様子がキクの葉に似ているのでこの名がついたようです。園内地図の24番付近に多く咲いています。

 

 

 

DSC_0098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

冬の寒さに負けずに緑色をしているので“寒葵”と名が付いたようです。目を凝らしてみないと、見逃しそうな地味な花ですが、江戸時代には大いにもてはやされた植物ということです。