カレンダー

2013年11月
« 10月 3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

いつ見ても美しいムラサキシキブ

投稿日:2013年11月26日

 紅葉も実も美しい

 

ムラサキシキブ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブ(クマツヅラ科)

 いろんな実が少なくなっている野草園ですが、本種は

まだまだきれいな実をつけています。実がとても目立つ

ので、いろんなところに自生しているのがわかります。

 

 葉が落ちて、実だけになっているミヤマガマズミ

 

ミヤマガズミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(スイカズラ科)

 ガマズミより少し大きい実をつけています。実は熟すと

食べることができます。ガマズミとは葉に毛がないことで

区別できます。

 

 冬芽は立ち上がっています。

 

ミヤマカワラハンノキ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカワラハンノキ(カバノキ科)

 雪の多い日本海側に生えます。春、花が開くと

雄花序は垂れ下がります。雄花序のとても長い

のが特徴です。

 

 

 

 

枝に翼がないコマユミ

投稿日:2013年11月21日

実がきれいなコマユミ

 

コマユミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミ(ニシキギ科)

 木の枝や草原に少し雪が積もっています。コマユミの果実

が熟して裂けて、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が現れて

います。

 

 今年は角のある実がたくさんつきました。

 

ツノハシバミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツノハシバミ(カバノキ科)

 冬芽は赤みを帯びています。雄花序は裸芽で

枝の途中につきます。

 

 ハシバミにはたくさんの冬芽がついています。

 

ハシバミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシバミ(カバノキ科)

 ツノハシバミと違い、雄花序は枝の先につきます。

雌花序の冬芽は雄花序のわきや葉腋につきます。

                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果実を上向きにつけるアキノギンリョウソウ

投稿日:2013年11月20日

茶褐色になったアキノギンリョウソウは来年まで残ります。

 

アキノギンリョウソウ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノギンリョウソウ(イチヤクソウ科)

 秋に下向きに花をつけました。全体に白色の花は徐々に

茶褐色になってきます。ギンリョウソウに似ていますが、萼片

や花弁の縁が細裂し、果実が上向きにつくのが特徴です。

 

 雪をかぶったナツハゼ

 

ナツハゼ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツハゼ(ツツジ科)

 今年は初雪が例年より早いようです。ナツハゼの実の先が

ハチマキをまいているように見えるので、この辺ではヤロコハ

チマキと言っています。

 

 植栽しているアキニレ

 

アキニレ11,2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキニレ(ニレ科)

 ハルニレは自生しているのですが、アキニレは自生して

いないので植栽しています。名前のように秋に花が咲いて

すぐに果実をつけました。2月ごろ、雪の上一面に熟した果

実が落ちるようになります。