カレンダー

2013年10月
« 9月 11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

アネモネの仲間のシュウメイギク

投稿日:2013年10月10日

 シュウメイギクが見ごろです。

 

シュウメイギク(2)10,3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュウメイギク(キンポウゲ科)

 人里近くの林縁などに生える多年草です。古い時代に中国から入ってきた栽培品が

野生化したものと考えられています。根生葉は3出複葉で、小葉は3~5裂します。茎

葉は2~3個が輪生します。花は直径約5センチで花弁はありません。外側の萼片は

淡緑色を帯び、内側のものは紅紫色または白色の花弁状です。両方の花色のシュウ

メイギクが咲いています。

 

 リンドウの仲間のセンブリは日が当たっているときだけ花を開きます。

 

センブリ10,1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センブリ(リンドウ科)

 裂片の間に副片がなく、花冠裂片の中部から下に1~2個の

蜜腺があるのが特徴です。葉は対生し線形です。枝先や葉腋

に紫色のすじのある白い花を開きます。

 

 高層湿原に生える常緑小低木です。

 

ツルコケモモ10,4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルコケモモ(ツツジ科)

 亜高山帯~高山帯の高層湿原に生える常緑小低木です。

葉は革質で互生し狭卵形で裏面は粉白色です。実が赤く熟

しています。実は食べられます。