カレンダー

2013年8月
« 7月 9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

枝をたばねてほうきを作ったコウヤボウキ

投稿日:2013年8月27日

 草本のように見えますが落葉小低木です。

コウヤボウキ8,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウヤボウキ(キク科)

 本年枝の先端に白い頭花を1個ずつつけます。本種を

使って高野山でほうきを作ったことから名がつきました。

 

 舌状花の数が少ないシラヤマギク

 

シラヤマギク8,18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラヤマギク(キク科)

 山地に生える多年草です。下部の葉には狭い翼の

ある長い柄があります。舌状花は白色です。本種の

若苗はヨメナに対してムコナと呼ばれています。

 

 秋の七草のひとつのススキ

 

ススキ8,18 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキ(イネ科)

 別名オバナとも言います。また、ススキの仲間をカヤとも

言います。山野のいたるところに生えます。花期の花序は

黄色の葯と白い羽毛状の柱頭が伸びています。