カレンダー

2013年8月
« 7月 9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

深山の湿地に生えるオタカラコウ

投稿日:2013年8月18日

 メタカラコウより雄々しい。

オタカラコウ8,9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタカラコウ(キク科)

 深山の湿地に生える多年草です。メタカラコウに比べると

花序の先端部分はまばらです。舌状花はメタカラコウの1~3

個であるのに対して5~9個あります。

 

 葉は小形で細長いコバギボウシ

 

コバギボウシ8,7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバギボウシ(ユリ科)

 山野の日当たりのよい湿地に生える小形のギボウシです。

葉は小形で細長く基部は葉柄に流れるのが特徴です。花は

淡紫色~濃紫色の花を横向きに開きます。

 

 蜜源植物でハチミツソウとも呼ばれています。

 

ハネミギク8,7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハネミギク(キク科)

 草地などに生える多年草です。花は黄色で舌状花は3~8個

あります。果実は扁平で側面に翼があります。原産地は北アメリカ

です。