カレンダー

2013年7月
« 6月 8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

やさしい感じのメタカラコウ

投稿日:2013年7月13日

 花序の先端部分は尾状になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタカラコウ(キク科)

 メタkラコウの頭花はしたから咲きあがります。オタカラコウの舌状花は

5~9個ですが、本種は1~3個しかありません。宝香とは防虫剤にされる

竜脳香のことで、根の香りがそれに似るためだと言われています。オタカ

ラコウはこれより遅れて咲いてきます。

 

 英名はセントジョンズワートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウオトギリソウ(オトギリソウ科)

 英名はSt.John's Wort です。米国ではストレスを退治する

ハーブとして人気がたかいそうです。薬草コーナーで咲いていま

す。

 

 葉がハハソ(コナラ)に似て深山にあるミヤマハハソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマハハソ(アワブキ科)

 落葉小高木で、園内に自生しています。葉は倒卵状長楕円形、基部は

くさび形です。花序は点頭し、花は淡黄色をおび、径4ミリほどです。花弁

は5個です。