カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

柱頭が赤いオゼコウホネ

投稿日:2013年5月31日
カテゴリー: 観察日記

 黄色の花がきれいな水草です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゼコウホネ(スイレン科)

 高山や北地の池沼に生える 多年生の水草です。黄色の花弁

のように見えるのは萼片で、内部に花弁があります。コウホネと

は雄しべの柱頭盤が赤いことで区別できます。

 

 

 太平洋側の植物のオトコヨウゾメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコヨウゾメ(スイカズラ科)

ミヤマガマズミは日本海側の植物ですが、オトコヨウゾメは

太平洋側の植物です。枝先から散房花序を垂らして、小

さい白い花を数個つけます。秋に果実が赤く熟します。

 

 

 ナナカマドとアズキナシの雑種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワシロナナカマド(バラ科)

 葉を見るとアズキナシとナナカマドの雑種ということが

よくわかります。葉の基部はナナカマドの羽状複葉になり、

上部はアズキナシの単葉になっています。

 

 

 

 

 

 

クマガイソウに対するアツモリソウ

投稿日:2013年5月29日

 クマガイソウと違い草原に生えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アツモリソウ(ラン科)

 クマガイソウに対して平敦盛の母衣に見立てて名が

つきました。クマガイソウが杉林の下などに生えるのに

対して、本種は山地の草原などに生えます。

 

 

 ウワミズザクラよりひとまわり小さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌザクラ(バラ科)

 葉の展開後に小さな白い花を房のように付けます。

花はウワミズザクラににていますが、花の基部に葉が

ないこと、樹皮が灰色であること、太平洋側に多いこと

などが異なります。

 

 

 一属一種のコメバツガザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメバツガザクラ(ツツジ科)

 高山植物で礫地などに生える常緑小低木です。

ロックガーデンに、アオノツガザクラといっしょに植

栽しています。

 

 

水辺が好きなクリンソウ

投稿日:2013年5月28日

 花は段状につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリンソウ(サクラソウ科)

 これから花茎がぐんぐん伸びて、5段~6段輪状に花をつけます。

葉は大形で根際に集まってつき、表面にしわが多いのが特徴です。

寺院の搭の請け花と水煙の間にある九輪にたとえて名付けられました。

 

 

 西蔵王の山地に普通に自生しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(スイカズラ科)

 葉は倒卵形で対生します。5弁の小白花を散房花序に

密生しています。果実は卵形で秋に赤熟します。酸っぱい

ですが食べられます。

 

 

 鬼の腕から名付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラショウモンカズラ(シソ科)

 花を横から見ると、渡辺綱が羅生門で切り落とした

鬼の片腕に似ているので、羅生門蔓のながついたそ

うです。