観察日記

春の妖精のひとつ

投稿日:2013年4月7日

 雪が消えるとすぐ咲きだします。

 

 

 

セツブンソウ(キンポウゲ科)

 関東地方では節分の頃に咲くのでセツブンソウと言われていますが、野草園

では雪がとける今頃に咲きだします。白い花弁状の萼片と真ん中の紫色の葯と

その葯を囲む黄色の蜜腺状の花弁が、とてもきれいです。

 

 ロックガーデンの頂上ではガンコウランが咲き始めました。

 

 

 

ガンコウラン(ガンコウラン科)

 蔵王では馬の背あたりで見ることができる高山植物です。

上の花は雄花で、雄しべが出ているのがわかります。

下の花は雌しべで、柱頭の先が分かれています。秋には

黒い果実ができます。