カレンダー

2012年10月
« 9月 11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

実は紫色や淡緑色で美しい

投稿日:2012年10月7日

 果実は中えいになっていることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノブドウ(ブドウ科)

 山地や野原に普通に生える落葉つる性低木です。葉と対生して巻きひげは

2またに分かれ、葉は互生し円形で3~5裂します。夏に葉と対生して淡黄緑

色の5弁の小花をつけ、花後球形の液果を結びます。熟すと白・紫・碧など混

交します。 ノブドウミタマバエの幼虫が寄生して中えいになり、異常に膨らん

でいるものが多いようです。

 

 別名フシノキともいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌルデ(ウルシ科)

 山野に普通に生える落葉小高木です。葉は奇数羽状複葉で互生し、

葉軸に翼があるのが特徴です。夏に円錐花序をだし、小形白色の花

を多数開きます。花後、核果を結びます。果実は扁平で毛があり、酸

味のある白粉をかぶります。ヌルデシロアブラムシが寄生してできた

中えいを5倍子(フシ)といい、染料や薬品に利用します。

 

 

 ガマズミより実は少し大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(スイカズラ科)

 山地に生える落葉低木です。ガマズミより花は早く咲きます。

葉の表面は無毛なので、毛があるガマズミとは区別できます。

春、本年枝の先に散房花序をだし、白い花を多数ひらきます。

核果は赤く熟して、霜の降りる頃になると、少し酸っぱいですが

食べられます。

 

 

頭花が小さいヒマワリ

投稿日:2012年10月6日

 今が見ごろです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンピラミッド(キク科)

 和名はヤナギバヒマワリで、北アメリカのネブラスカから

テキサス州にいたる地域に分布するそうです。葉はヤナギ

に似て細長く互生します。舌状花は多くて、レモンイエロー

です。筒状花は褐色または帯紫色です。

 

 

 古名はハジカミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンショウ(ミカン科)

 各地の山地に生え、また人家にも植えられる落葉低木です。

枝や葉柄の基部に対生する刺があります。葉は奇数羽状複葉

で互生します。雌雄異株。春に黄緑色の小さな花を多数開きま

した。果実は球形で赤褐色。これから裂開して黒色の種子を出

します。芳香のある葉や種子を香味料に使います。

 

 

 たくさん花が咲いたので、たくさん実がなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムノキ(マメ科)

 山地や河原に自生する落葉小高木です。初夏に紅色の花を

球状に集めてたくさん咲きました。そのため、豆果もたくさんなっ

ています。この中に10~15個の種子がはいっています。小葉が

夜閉じて眠るように見えるので、この名があります。しかし、花は

日没前に開花します。

今が見ごろのシュウメイギク

投稿日:2012年10月5日

 秋に似合う花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュウメイギク(キンポウゲ科)

 中国原産の多年草で、観賞用に栽培されています。キクに

似た紅紫食の花をつけます。白花のシュウメイギクもあります。

京都の貴船付近に多くあるので、キブネギクの名もあります。

花弁状の萼片が八重咲きのものから一重咲きのものまである

ようです。

 

 

 おいしそうな果実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(スイカズラ科)

 山形県の山地には普通に生える落葉低木です。葉身は普通掌状

に3裂します。初夏にガクアジサイに似た白色5弁の花を多数球状に

つけます。花後、赤い果実をつけていますが、他の果実がなくなっても

ついています。まずいからです。

 

 

 ホップの代用に使われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラハナソウ(クワ科)

 山地に自生する多年草です。茎は長くつるとなり刺状の毛があります。

葉は心臓形で3裂します。雌雄異株で、果実は松かさ形で、緑色です。

ホップであるセイヨウカラハナソウと同じように良い香りがして味は苦い

ようです。