カレンダー

2012年10月
« 9月 11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

仮種皮の色が美しい

投稿日:2012年10月31日

 実は野鳥の好物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルウメモドキ(ニシキギ科)

 山野の林縁に生える落葉つる性木本です。樹皮は灰色で枝は

黄緑色から、しだいに赤褐色になります。葉は互生で楕円形また

は倒卵形でふちには浅いきょ歯があります。6月頃、雄株では数

個、雌株では1~3個の黄緑色の花をつけました。果実は黄色に

熟すと3つに割れ、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだし

ています。

 

 

 果実は種子が露出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブラン(ユリ科)

 山地の木陰に生える多年草で、根茎は太く短い。葉は線形で

深緑色で、スイセンと同じ型式にかさなって根もとにつき光沢が

あります。花茎は葉と同じ長さまたはそれより短く、花は3~5個

集まってつきます。花びらは6枚で淡紫色の楕円形です。果実は

種子が露出し、紫黒色に熟します。和名はやぶに生え、ランの葉

ににていることによります。

 

 

 今年は果実がほとんどついていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

 モミジ類やウルシ類とならび真っ赤な紅葉が美しい木のひとつで、

北国の紅葉を代表する存在です。小さな葉が羽のように並んで1枚の

葉を構成する羽状複葉が鮮やかな赤色に染まります。赤い果実も葉が

緑色の頃からつけ、葉が落ちてからも枝に残ります。ブナやミズナラの

森林地帯に主に生えています。山形市の木です。