カレンダー

2012年10月
« 9月 11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

古くから秋草として観賞されてきました。

投稿日:2012年10月2日

 名前の由来は明らかではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレモコウ(バラ科)

 和名には、「吾木香」または「吾亦紅」があてられていますが、

名前の由来はあきらかではありません。奈良時代にはこの名が

あらわれているようです。

 

 

 イヌタデより湿ったところに生えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナタデ(タデ科)

 山野の湿ったところに生える1年草です。葉は長卵形で

先は尾状に細くとがります。托葉は筒状で、ふちに長い毛

があります。花穂は細長く淡紅色の花をまばらにつけます。

 

 

 ミヤマシキミから変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルシキミ(ミカン科)

 6月に白い小さな花が咲きました。今は果実が赤く色づいています。

ミヤマシキミは常緑低木で茎は立ち上がりますが、本種は茎の下部が

地をはいます。積雪に耐えるように伏条性を身につけたものです。