カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ピンクが鮮やかなベニバナヤマシャクヤク

投稿日:2012年6月20日

 ヤマシャクヤクよりだいぶ遅れて開花するベニバナヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナヤマシャクヤク’(ボタン科)

 ヤマシャクヤクに似ていますが、花は淡紅色なので、区別できます。

山地に生える多年草で、ヤマシャクヤクよりもだいぶ遅く咲きだします。

ヤマシャクヤクと違う点は、次の通りです。葉の裏は有毛です。雌しべ

の柱頭は長くいちじるしく外側に曲ります。

 

 

 雨の季節が似合うエゾアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(ユキノシタ科)

 日本海側の山地に生える落葉低木です。太平洋側に多いヤマアジサイに

近い植物ですが、葉と花は本種のほうが大きいようです。枝先に淡紫色の

小さな両性花と周囲に萼片が変化した装飾花をつけます。装飾花は鮮やか

な青紫色、時には淡紅色、白色を帯びます。名は、基準標本の産地が北海道

函館であることによります。

 

 

 神出鬼没のオニノヤガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)

 山野の林の中に生える多年生の植物ですが、毎年違った所から

出てきます。今年は昨年間伐した所に出てきました。ナラタケと共生

する腐生植物です。全体に黄褐色で葉緑体がありません。先端に

壺状の花を穂状につけます。名は、まっすぐな茎を矢になぞらえた

ようです。別名盗人の足は、根茎を足に見たてたようです。

 

 

 高山植物も咲きだしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキ(ツツジ科)

 北海道と本州の高山帯に生える常緑小低木です。葉は互生し短い柄をもち

厚い革質でつやがあります。枝の先に白い花が1~6個つきます。花は卵状

壺形で浅く5裂します。果実は成長すると白玉のようになります。イワハゼの

アカモノに対してシロモノともいいます。

 

 

 タデの仲間では目立つほうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキトラノオ(タデ科)

 山地帯から高山帯に生える多年草です。茎は枝分かれしません。

花は茎の先に1個つき、円柱状で、白色から淡紅紫色の小さな花が

びっしりつきます。

 

 

 今のところ、1つだけさいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チシマギキョウ(キキョウ科)

 中部地方以北の高山帯に生える多年草です。先端に青紫色の花を

1個横向きにつけます。花は鐘形で先は5裂し、ふちに長い毛があり

ます。よく似ているイワギキョウの花には毛がないので、区別できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高山植物の女王

投稿日:2012年6月19日

 蔵王の火山荒原の代表であるコマクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマクサ(ケシ科)

 蔵王山では馬の背・熊野岳東北斜面の荒原に生育しています。

植物がとても住めないような砂礫地にコマクサは生えています。

これは、細いしなやかな根が地中に深く、広くのびているからです。

 昨年ロックガーデンの大改造を行い、コマクサの生育環境を整え

ました。そのため、多くの花が咲き始めています。

 

 

 采配に見立てたサイハイラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイハイラン(ラン科)

 山地の木陰に生える多年草です。暗い所に生えているので、

よく見ないと見逃してしまいます。葉は1枚つき、花茎を出して

淡紫褐色の花を多く密につけます。名は、昔戦場で指揮をとる

のに使った采配に見たてたものです。

 

 

白梅に似ているのでバイケイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイケイソウ(ユリ科)

 高さ1.5mにもなる大形の多年草です。葉は長楕円形、

花は、緑白色の花を数多くつけます。名は、梅蕙草の意味で、

花は白梅に似て、葉は蕙蘭(シラン)に似ていることからきて

いるようです。

 

 

ハーブ園とその近くでリナリアが咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リナリアプルプレア(ゴマノハグサ科)

 地中海沿岸地域が分布の中心です。無毛で青緑色の直立する

多年草です。葉は線状披針形で、長い総状花序を出し紫色の花を

つけます。

 

 

 シロバナハマナスの近くにいろんなバラが咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルサマースノー(バラ科)

アヤメは黄色と紫色の網目模様

投稿日:2012年6月16日

 カキツバタより少し小さいアヤメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アヤメ(アヤメ科)

 山野に生える多年草で、根茎は横にはい、多数分岐して繁殖します。

紫色で垂れ下がっている外側の3枚の花びらには、黄色と紫色の虎の毛

ような模様があり、内側の3枚の花びらは立ち上がります。属名のIris(イリス)は

ギリシャ語の虹の意味で、この花の仲間が虹のように美しいということからきて

ようです。

 

 

ヒョウタン池で咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウホネ(スイレン科)

 浅い池沼に生える多年草で、観賞用にも栽培されているようです。

葉は2型あって、水中の葉は薄く細長く、水上に出る葉は長卵形です。

花弁状の萼片は5個あり、その内側にへら状の花弁が多数あります。

名は、河骨、川骨と書き、水底の白い地下茎が白骨に見えることに

よるそうです。オゼコウホネは、柱頭が紅色なので区別できます。

 

 

赤い実がなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウグイスカグラ(スイカズラ科)

 花と果実はウグイスカグラと変わりませんが、葉の両面に荒い毛が

まばらに生えており、へりにも毛がある点が異なっています。春に咲いた

漏斗形の花は、果実になりました。はじめ緑色だったのが、ご覧のように

赤く熟し始めました。これは甘くておいしいのですが、同じ赤い実でも

ヒョウタンボクの実は猛毒です。気をつけなければいけません。

 

 

鯉のぼりの矢車に似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤグルマソウ(ユキノシタ科)

 深山の湿り気のあるところに生える多年草です。根生葉は5枚の小葉から

なる掌状複葉です。花茎は 直立して先端に円錐状の花をつけます。一つの

花は小さく白色です。名は葉の形が鯉のぼりの矢車に似ているからです。