カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花の小さなクマツヅラ

投稿日:2012年6月27日

 よく、道路際に生えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマツヅラ(クマツヅラ科)

 山野や道ばたに生える多年草です。茎は四角形で直立し上部で枝分かれし

全体に細かい毛があります。葉は卵形で普通3裂し裂片はさらに羽状に切れ

込みます。枝先に細長く柄のない紫色の小さい花を多数つけます。花は下から

だんだん咲き上がります。花の下部は筒状で先が5裂します。全草を薬用と

するそうです。

 

 

 金色に光る花がさいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンコウカ(ユリ科)

 山地帯~高山帯の湿地や湿原に生える多年草で、群生して咲いています。

開花直前のつぼみの花被片は外面中央が緑色になっていて、開花すると

花糸に縮れ毛が密生します。総状に多数の黄色い花をつけて私たちの目を

楽しませてくれた後、花被片は緑色になります。名は花色から金光花では

ないかと思われます。

 

 

ホタルを入れたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルブクロ(キキョウ科)

 チョウチンバナ、ツリガネソウ、ホタルグサなどの方言がある、山野に生える多年草です。

茎の上部に大きな鐘形の花をつけます。花は淡紅紫色または白色で、先は5裂します。

萼片のところにそり返った附属体があります。そり返らないのは、ヤマホタルブクロです。

名は蛍袋で、ホタルを入れて遊んだからと言われています。

 

 

ウノハナと言ったほうがわかりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツギ(ユキノシタ科)

 山野に普通に見られる落葉低木で、生け垣や庭木としてもよく植えられています。

多くの白い花が密に垂れ下がって咲いています。花びらは5枚で、長楕円形をして

います。名は幹が中空であることからきています。別名ウノハナは、ウツギ花を略し

たものであるということと、卯月に咲くからとも言われています。

 

 

梅の花に似ているウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイカウツギ(ユキノシタ科)

 山地に生える落葉低木で、枝先に白い花を開きます。葉や花柱は

無毛です。梅の花に感じが似ているのでこの名があるようです。