カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

春咲きのアザミ

投稿日:2012年6月22日

 総苞片が粘着するアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノアザミ(キク科)

 山野に生える多年草です。アザミの多くは秋に開花しますが、

本種は春から初夏にかけて咲きます。明るいところを好み、頭花

は紅紫色で枝先に上向きにつきます。総苞片は直立し粘液をだし

て粘ります。

 

 

 つぼみが擬宝珠に似ていrます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ(ユリ科)

 山野の草地や林内などに生える多年草です。葉は大きく幅が広く長い柄があり、

基部は心形です。花は白色またはわずかに紫色を帯びるようです。トウギボウシ

も咲いていますが、花茎はそれほど高くならず、葉が粉白を帯びています。名は、

橋の欄干に取り付けれている擬宝珠(ぎぼうし)につぼみが似ているからのようです。

 

 

 白山で最初に見つかったシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)

 本園では最後に咲くシャクナゲでが、鳥海山や月山ではこれから

咲きます。本州の中部地方以北の針葉樹林中に生える常緑低木です。

花は白色で枝先に集まってつきます。漏斗形の花は5裂し、内側に緑色

の斑点があります。本種の雄しべが弁化した八重咲を、ネモトシャクナゲ

といいます。

 

ミヤマガマズミが咲き終わってから咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミ(スイカズラ科)

 各地の山野に普通に生える落葉低木です。葉は対生し

葉裏とも毛がはえています。一対の葉がある短枝の先に

小さな白い花を多数開きます。果実は秋に赤く熟し食べら

れます。

 

 

 

イワブクロの仲間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン・アングスティフォリウス(ゴマノハグサ科)

 北日本の山地に自生するイワブクロを含むゴマノハグサ科の仲間で、

主として北アメリカに分布する多年草です。