カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

アヤメは黄色と紫色の網目模様

投稿日:2012年6月16日

 カキツバタより少し小さいアヤメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アヤメ(アヤメ科)

 山野に生える多年草で、根茎は横にはい、多数分岐して繁殖します。

紫色で垂れ下がっている外側の3枚の花びらには、黄色と紫色の虎の毛

ような模様があり、内側の3枚の花びらは立ち上がります。属名のIris(イリス)は

ギリシャ語の虹の意味で、この花の仲間が虹のように美しいということからきて

ようです。

 

 

ヒョウタン池で咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウホネ(スイレン科)

 浅い池沼に生える多年草で、観賞用にも栽培されているようです。

葉は2型あって、水中の葉は薄く細長く、水上に出る葉は長卵形です。

花弁状の萼片は5個あり、その内側にへら状の花弁が多数あります。

名は、河骨、川骨と書き、水底の白い地下茎が白骨に見えることに

よるそうです。オゼコウホネは、柱頭が紅色なので区別できます。

 

 

赤い実がなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウグイスカグラ(スイカズラ科)

 花と果実はウグイスカグラと変わりませんが、葉の両面に荒い毛が

まばらに生えており、へりにも毛がある点が異なっています。春に咲いた

漏斗形の花は、果実になりました。はじめ緑色だったのが、ご覧のように

赤く熟し始めました。これは甘くておいしいのですが、同じ赤い実でも

ヒョウタンボクの実は猛毒です。気をつけなければいけません。

 

 

鯉のぼりの矢車に似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤグルマソウ(ユキノシタ科)

 深山の湿り気のあるところに生える多年草です。根生葉は5枚の小葉から

なる掌状複葉です。花茎は 直立して先端に円錐状の花をつけます。一つの

花は小さく白色です。名は葉の形が鯉のぼりの矢車に似ているからです。