カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

池いっぱいのオゼコウホネ

投稿日:2012年6月8日

 柱頭が赤いのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゼコウホネ(スイレン科)

 ひょうたん池は居心地がいいのでしょう。毎年多くの花を開いてくれます。

まわりでは、スイレンも咲き始めました。ジュンサイも開花を待っています。

 

 

これほどきれいなユリはめったにありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリ(ユリ科)

 東北地方の山地に生える多年生草本です。ササユリに似ていますが、丈が低く、

葉は短かくて幅が広く、花数が少なく、雄しべが花外に出ないという違いがあるようです。

漏斗状鐘形でピンク色の花を茎の先に1~2個つけます。名はサユリ(ササユリ)に似て

小形であることに由来するようです。別名オトメユリは、可憐さを表しています。

 

 

 花は朝開いて夕方にはしぼむ1日花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ(ユリ科)

 本州の中部地方以北の山地に生える多年生草本で、草原に群生することがよくあります。

花茎の先にオレンジ色の花を3~4個つけます。花は朝開いて夕方にはしぼむ1日花で、

ろうと状の鐘形です。若葉やつぼみはおいしいらしく、カモシカも大好きです。キスゲのキは

花色をさして、スゲは葉の形に基づいているようです。

 

 

大きいのは2メートルくらいになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオハナウド(セリ科)

 山地に生える大型の多年草です。ハナウドが関東地方以西に分布するのに対して、

本種は近畿地方以北に分布します。高さは1~2メートルです。葉は3出複葉で大きく、

小葉は細裂し、裏面は毛が多いようです。枝先に多数の白色の花をつけます。周辺の

花は他よりも大きく、その中でも外側を向いた花弁は最も大きく、深く2裂します。

 

 

アジサイに似た白い花がきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(スイカズラ科)

 主に北日本の山地に生えます。花はケナシヤブデマリやオオカメノキに

似ていますが、葉が三つに裂けるので区別できます。白い花もきれいですが、

秋に実る果実は、それはそれは赤くきれいです。