カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

アヤメの仲間が咲き始めました。

投稿日:2012年6月3日

 アヤメと違い湿地に咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタ(アヤメ科)

 ヒオウギアヤメやノハナショウブに先がけて咲く、水湿地に群生する多年生草本です。

葉の幅が広く中肋はありません。花茎の先に青紫色の花をつけ、花びらには白色の

斑紋があります。カキツバタは「書き付け花」のなまったものだそうです。書き付けとは

こすりつけることで、昔はこの花を布にこすりつけて染料に使ったそうです。

 

 

 昔はアジサイと同じ仲間だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テマリカンボク(スイカズラ科)

 カンボクは両性花のまわりに白い大きな装飾花がついていますが、

本種は装飾花ばかりからなり、ボール状に集まってついていることから

手毬(てまり)の名がつけられたようです。肝木(かんぼく)の方は、植物を

薬用に用いたことから、人の命に関わる肝要なということで名付けられた

という説もあるそうです。

 

 

 4個の白い総苞片が花弁のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)

 各地の山野に普通に自生する落葉高木で、ハナミズキに花や葉は似ています。

花びらのように見えるのは苞で、その中心に淡黄緑色の小さな花が20~30個

密集してつきます。花は、花弁と雄しべは4個で雌しべは1個です。秋に果実は

赤く熟します。名は丸いつぼみの集まりを坊主頭に、白い苞をそれの頭巾に見

たてました。

 

 

 ドウダンツツジの仲間では最後に咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジ(ツツジ科)

 中部地方以北の太平洋側に多い落葉低木です。葉は枝の先に輪生状に集まり、

表面の脈状には白い短毛があり、裏面は光沢があります。枝先からたくさんの緑白色の

小さな花が垂れ下がります。花は壺形でふちは小さく5裂し裂片はそりかえります。名は、

葉の裏面がなめらかで光沢があり油を塗ったようであることに由来するようです。

 

 山地に自生するオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマオダマキ(キンポウゲ科)

 深山の林のふちや道ばたに生える多年草です。ミヤマオダマキの花は横向きに

咲いているのもありましたが、本種は下向きに咲いています。外側の萼は紫褐色で、

その内側に淡黄色の花弁があります。距の部分は萼と同じく紫褐色をしています。

苧環(オダマキ)とは昔、麻糸を巻いた道具で、花の形が似ていることによります。