カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

春、最後に咲くサクラ

投稿日:2012年6月1日

 春、最後に咲くサクラはシウリザクラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シウリザクラ(バラ科)

 ウワミズザクラに似ていますが、より高地に生えるようです。山形県の

山地にもまれですが自生地があります。ウワミズザクラとは、葉は大きく

基部が心形で、雄しべは花弁より短いことなどで区別できます。

 

 

 タニウツギの白花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナウツギ(スイカズラ科)

 タニウツギの白花品です。ピンクの花のタニウツギは、山地に普通に見られますが、

白花品もまれに見ることができます。

 

 

 笹の葉のような銀蘭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ササバギンラン(ラン科)

 山地に普通に自生しています。ギンランに比べて全体的に

大きいようです。花が白く笹の葉に似ているのでササバギンラン

と言います。ササバギンランが咲いた後ギンランが咲いてきます。

 

 

 小米のように小さい花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コゴメウツギ(バラ科)

 山地に普通に自生しています。直径約4ミリの白い花を開きます。

花弁は5個でへら形、雄しべは10個、雌しべは1個です。

 

 

サクラソウに似たハーブです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドキャンピオン(ナデシコ科)

 花は茎の先に10個ほど咲きます。ヨーロッパや北アメリカが原産地です。

花と葉はサラダや野菜料理に、愛らしい花なので観賞用にも最適です。