カレンダー

2012年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

吉野桜として有名です

投稿日:2012年5月4日

 ソメイヨシノが広まる前は、サクラといえばヤマザクラでした。

サクラは、古代から春を告げる花として、暮らしに深くかかわって

きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマザクラ(バラ科)

 主に日本の南半分に自生するサクラです。最も古くから親しまれている

サクラです。花と同時に出る若葉とのコントラストが美しく、ソメイヨシノとは

違った美しさがあります。ヤマザクラの仲間は、オオシマザクラ、カスミザクラ、

オオヤマザクラです。いずれも花と同時に若葉を開きます。

 

 ヤマザクラの園芸種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センダイシダレ(バラ科)

 ヤマザクラの園芸種で、吉林の庭で咲いています。

 

 

 エドヒガンの園芸種もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤエベニシダレ(バラ科)

 エドヒガンの園芸種で、吉林の庭で咲いています。

 

 

 スミレもつぎつぎに咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアオイスミレ(スミレ科)

 山地に生える多年草です。葉が丸くて毛が多いのが特徴です。

深樹の小径で咲いています。

 

 

 杉林の中で咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミレサイシン(スミレ科)

 北海道や本州の日本海側に分布するスミレです。地下に太い根茎が

あります。名はウスバサイシンに似ているからです。

 

 

 果実にならなくても翁のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキナグサ(キンポウゲ科)

 花は花茎のさきに1個つき、つり鐘形です。葉は毛でおおわれていて、

花弁状の萼片の外側にも白い毛が密生して白っぽくみえます。萼片は6個あり、

内側は暗紫赤色です。花が終わった後雌しべが羽毛状にのび、老人の白髪の

ようになります。それで、オキナグサ(翁草)です。根を乾燥した生薬の白頭翁は

止血剤に使います。

 

 

毒草ですので、山菜と間違えないように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシリドコロ(ナス科)

 葉と地下茎に猛毒を含み、これを食べると神経に作用して幻覚症状をおこして

走りまわると言われていて、地下茎がオニドコロと似ていることにより名がつけられました。

花は、つり鐘形で先は浅く5裂し内側が淡緑黄色で外側が暗紫色です。若葉はやわらかく

おいしそうですが、山菜と間違えると大変なことになります。

 

 

杉林の下が大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オサバグサ(ケシ科)

 葉は根もとで四方に広がり、規則的に羽状に切れ込みシダの葉に似ています。

葉の中心から高さ30センチ内外の花茎を出して、白色の4弁花を下向きにつけます。

杉林が好きで、毎年きれいな花を咲かせてくれます。名は葉の形がくしの歯のようで、

機織りのおさに似ていることからきました。1属1種の日本特産の植物です。