カレンダー

2012年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

乙女の名前がぴったりのエンゴサク

投稿日:2012年4月28日

 乙女の名前がぴったりのエンゴサクが咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オトメエンゴサク(ケシ科)

 ケシ科の多年草です。従来本種は、エゾエンゴサクといわれていたものですが、

北海道にあるものとは違い、距がより長く、花数も少ないので、別種オトメエンゴサク

として区別されました。

 

 高山に咲くトガクシショウマ、日本固有の植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トガクシショウマ(メギ科)

 トガクシソウともいいますが、長野県の戸隠山で発見されたのでこの名があります。

2枚の葉の間から淡紫紅色の美しい花を開きます。花弁に見えるのは萼片です。

花弁は萼片よりはるかに小形で、6個が集まり鐘形となり雌しべと雄しべを囲んで

います。うつむいて咲いている姿は、奥ゆかしい感じがします。日本固有の植物です。

 

 ジュウガツザクラの次に咲くサクラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクチョウジザクラ(バラ科

 太平洋側のチョウジザクラに対して、日本海側に分布するサクラです。

花の萼筒が長く、少しふくらみます。横から見ると丁字形をしているのが名前の由来です。

花は最初は白っぽく、花の終わりには赤っぽくなります。ロックガーデンで多く咲いています。

園内ではジュウガツザクラについで早く咲きました。

 

 

 縁起のよい名前のエンレイソウ

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

ンレイソウ(ユリ科)

 直立した茎の頂きに大きなまるみのあるひし形の葉を3枚輪生しています。

その中心から出た花柄の先に、褐紫色と緑色のまじった小さな花を少し傾けてつけます。

これは、萼に相当する外花被片で3枚あり、花弁はありませんが、しっかりと存在感があります。

根茎を乾かしたものを延齢草根といい胃腸薬とします。

 

 吉林の庭のレンギョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンギョウ(モクセイ科)

 中国原産の落葉小低木です。高さは3メートル内外で、枝は中空でよくのび、

垂れ下がります。しだれた枝は地につくと根をおろします。葉は卵形の単葉ですが、

3出複葉もまじります。葉に先だって前年枝に黄色い花を開きます。果実は生薬の

連翹(れんぎょう)で、消炎、利尿剤に用いられます。

 

 山地に自生するミヤマカタバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカタバミ(カタバミ科) 

 山地の木陰などに生える多年草です。普通に見られるカタバミは黄色い花をつけますが、

本種は白い花をつけます。葉は角ばったハート形で3小葉からなります。花は5弁花で、

花後さらに閉鎖花をつけよく結実します。名は深山に生えるカタバミの意味です。

カタバミとは葉の一方が欠けているように見えることによります。

 

北国に春を呼ぶキタコブシ

投稿日:2012年4月26日

 北国に春を呼ぶキタコブシが咲きだしました。今年は花芽がつかなく心配していたのですが、

野草の丘の所のキタコブシは、多くの花をつけていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)

 ネコヤナギのような長い毛におおわれていた花芽から一斉に白い花が咲き出しました。

開花すると小さな一枚の若葉が出てきます。タムシバとの区別点です。コブシより花や葉が大きく、

雪国に分布するのが特徴です。コブシの名前は、果実が握りこぶしに似ていることによります。

かってはコブシの開花を農作業のめやすとしたそうです。

 

 秋と春の2回咲く、ジュウガツザクラが咲きました。野草園では、春最初に咲くサクラです、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュウガツザクラ(バラ科)

 観賞用として普通植えられている落葉性のコヒガンザクラの園芸品種です。

通常小木で樹皮は暗灰褐色、若枝、成葉、葉柄などに毛があります。葉は互生し、

倒披針形で質はやや厚いようです。花は淡紅白色で八重咲きです。名は十月桜で、

秋から開花するからです。野草園では冬には休んで、春また咲き始めます。

 

 エゾムラサキツツジの次に咲くツツジです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカヤシオ(ツツジ科)

 まわりの木々が芽吹く前に、ピンク色の花がひときわ目立ちます。

花と葉は別々の芽に入っていて、葉が開く前に枝先に淡紅紫色の花を

つけます。葉は、枝先に5枚輪になってつきます。別名アカギツツジは、

群馬県赤城山に群生地があるからです。水草の池付近の道路沿いに、

きれいな花をたくさん咲かせています。

 

 スミレも咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバキスミレ(スミレ科)

 雪国を代表するスミレで、自生地は日本海側の多雪地に多く、根茎をのばしてふえ、

大きな群落をつくります。茎の上部に数枚の葉をつけて、葉はハート形で先は長くとがる

のが特徴です。花は黄色で、キスミレより葉が大きいのが名前の由来ですが、野草園の

オオバキスミレは、少し形が小さいようです。

 

 雪国のツバキも咲いています。まだつぼみをいっぱい持っていますので、これから       

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキツバキ(ツバキ科)

 東北地方から北陸地方の日本海側の多雪地に咲く常緑低木で、

高さは2mほどになりますが、多雪地帯に適応したタイプで、幹は地をはい、

平たい半球形の樹形を作ります。ヤブツバキと比べると、葉と花弁は質が薄く、

花糸は黄色です。海岸近くのヤブツバキとの中間地域にはヤブツバキとの中間型の

ユキバタ(雪端)ツバキがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ロックガーデンで咲いているオオイワウチワ

投稿日:2012年4月24日

 ロックガーデンでは、ガンコウランの次にオオイワウチワが咲いています。

これから、ロックガーデンでは、山地や高い山の植物がつぎつぎに咲いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオイワウチワ(イワウメ科)

 イワウチワにくらべて、葉が大きく円形で基部は心形です。

名は、葉が大きくうちわに似て、全体がイワウチワよりも大きいからです。

イワカガミに似ていますが、花は一つの茎に一つの花をつけます。

たくさんの花はつけません。

 

 野草園で最初に咲くツツジです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾムラサキツツジ(ツツジ科)

 自生地の北海道では、5月に開花するそうですが、本園では、最初に咲くツツジです。

5月前にはいつも開花します。ツツジの仲間は花の美しいものが多く、庭木、生け垣、盆栽、

公園樹などにされます。枝先の花芽から紫紅色の花を開きました。葉も枝先に集まってつき

ます。ロックガーデンを少し登った所で、きれいに咲いています。

 

 オオミスミソウはそろそろ終わりですが、ミスミソウは今が見ごろです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白花のミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫紅色のミスミソウ

 

 ザゼンソウはもちろんですが、ミズバショウも見ごろになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まもなく、1万株のザゼンソウ、1万株のミズバショウが姿をあらわします。