カレンダー

2012年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

春植物がつぎつぎに咲いています

投稿日:2012年4月16日

 林の奥の方でキクザキイチリンソウが咲いていました。夕方の写真なので、

花が少し閉じはじめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチリンソウ(キンポウゲ科)

 まわりの木々が葉を茂らせる前にいち早く咲き出します。花弁状の萼片が多く、

葉も切れ込みが多く、キクの花に似ています。花色は多彩で淡紫青色から白色まで

いろいろあります。日が当たると花を開き、曇ると花を閉じてしまいます。

 

 キクザキイチリンソウと似ているアズマイチゲも咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)

イチリンソウのなかまで、春の短い期間だけ咲いて、初夏には枯れてしまいます。

キクザキイチリンソウと似ていますが、葉に切れ込みが少なく、肩を落としている

ように垂れ下がっていることで、見分けることができます。花弁状の萼片は白色で

基部と裏側は少し紫色を帯びています。

 

 木道のわきでショウジョウバカマも咲いていました。まだ咲き始めだからでしょうか、

猩々の顔のように赤くはなっていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ(ユリ科)

 春いち早く咲く常緑多年生の草本です。葉は地表に広がってロゼット状になり、

花茎の先に数個の花を横向きにつけます。花は淡紅色から濃紅紫色まであります。

花後も緑色になって残ります。名前の由来は、花を空想の動物猩々の赤い顔に、葉を

袴に見立てたものと言われています。