カレンダー

2012年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

春の花が毎日咲き始めています

投稿日:2012年4月15日

 オオイヌノフグリが咲き始めると、野草園ではいろいろな花が咲き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)

 ヨーロッパ原産の帰化植物です。ツツジの丘の所に咲いていました。

花は晴れた朝に開き、虫によって花粉を運んでもらいます。夕方花が

しぼむことによって、同花受粉も行われるそうです。

 

 コシノカンアオイが咲いていました。雪の下ですでに咲いていたような

気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

 福井県から山形県にかけての日本海側山地に固有の常緑多年草です。

寒冷な冬の季節にも葉が枯れずに緑色であるところから、寒葵と名付けられました。

最初の発見地が新潟県(越後の国)であることから、本種の名前がつけられたそうです。

カンアオイの仲間は江戸時代には諸国から採集され、大いにもてはやされ栽培された

時代があったそうです。

 

 ツルネコノメソウも咲き始めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)

 湿った岩の上にはえる小形の多年草です。花は花弁はなく

萼片が4個です。雄しべが8本なので、4本のネコノメソウとは

区別ができます。

 

 ミスミソウ、アズマイチゲも間もなく咲き始めます。