野草園からのおしらせ

5月開花のサクラソウの仲間三姉妹 先ず2つ開花

投稿日:2020年5月5日
3.みどころ情報

DSC_0173 (2)DSC_0540 (2)P5284801 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月前半に開花するサクラソウの仲間三姉妹、サクラソウ(上右写真)、カッコソウ(上左写真)、クリンソウ(下写真)のうち、サクラソウとカッコソウの2つが開花しました。一番人気のクリンソウは間もなく開花します。お楽しみに。花の色や姿形も少しずつ違いがあるので、見比べて確かめてみよう。

 

 

 

DSC_0766トウゴクミツバツツジP5124184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツツジの丘が色づき始めました。トウゴクミツバツツジ(左)とヤマツツジ(右)が開花、薄紫と紅色に染まりつつあります。シロヤシオとムラサキヤシオも間もなく開花し、鮮やかな色に包まれます。

 

 

 

DSC_0564ツバメオモト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメオモト(ユリ科)
遠くの高山に行かなくとも野草園で出会えます。葉がオモトに似ています。花の形がツバメに似るとか、実がツバメの頭に似るとか、ツバメのやってくる頃に咲くとか、名前の由来は諸説あるようです。 (「薬草コーナー」の南側斜面で見られます)

 

 

 

DSC_0163

DSC_0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンカヨウ(メギ科)
山奥深くの林の中などに生える多年草です。落ち葉の中から顔を出し、茎に葉をまだ巻き付けたまま開花する様子は、マントを巻き付けた怪人のようで面白い姿です。また、花弁が水分を含むと半透明になり、きれいなガラスのような感じになります(右写真)。雨の日に見られたらラッキーです。 (「深樹の小径」の登り口で見られます)

 

 

 

P5113941

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイズシモツケ(バラ科)
山地の日当たりの良い場所に生える落葉低木です。花弁より長い雄しべが目立ち、不思議な感じのする花です。会津地方で発見されたことが名前の由来です。 (「ロックガーデン」の登り口などで見られます)

 

 

 

DSC_0199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキ(バラ科)
緑色の細い小枝の先に山吹色(黄色)の花を1個ずつ付けます。名前の由来は、細くしなやかな枝が風に揺れる様子から山振(やまふき)と呼ばれたことが名前の由来です。同じ時期、このヤマブキの花に似た花を付ける草、ヤマブキソウも開花します。(「アジサイロード」などで見られます)