カレンダー

2018年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

黄橙色の鮮やかなラッパ状の花、ニッコウキスゲ

投稿日:2018年5月29日
3.みどころ情報

ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ(ススキノキ科)

中部地方以北に生える多年草で背丈が50~70cmです。茎の先に黄橙色のラッパ状の花を3~4個付けます。花は朝開いて夕方しぼむ1日花です。名前の由来は日光の山々に多く、花が黄色っぽく、葉の形がカサスゲの葉に似ているからのようです。別名はゼンテイカ (「クリンソウの谷」の東側に見られます。)

 

 

ヤグルマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤグルマソウ(ユキノシタ科)

林の下などの日陰の場所に、大きさ50cm程にもなる大きな5つの葉を放射状に広げる多年草です。その中心から長い花茎を伸ばして、白い小花の円錐花序を付けます。小花は花弁が無く多数の萼と雄しべからつくられています。大きな葉が鯉のぼりの支柱の先に付ける矢車に似ているのでこの名がついたようです。 (「クリンソウの谷」の西側などに見られます。)

 

 

カンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(レンプクソウ科)

山地のやや湿った場所に生える落葉低木で、葉は3裂しています。枝先にガクアジサイに似た花を付けます。中央には雄しべと雌しべがある小さな両性花が、周囲には5枚の白い装飾花の集まりが付きます。花後にたくさんの赤い実を付けます。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます。)

 

 

マルバシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバシモツケ(バラ科)

山地の岩場などに生育する高さ30cm程の落葉低木で、葉は互生し広い卵形で先は丸く、縁には重鋸歯があります。枝先に複散房花序の白い花を多数つけます。花弁は5個で雄しべが多数あり花弁より長いです。名は丸い葉を持つシモツケという意味で名づけられました。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

ササバギンラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ササバギンラン(ラン科)

茎は直立して高さは30~50cmになり、葉は6~8枚が茎に互生し、基部は茎を抱いています。葉は縦の脈が目立ち、笹の葉に似ているのでこの名があるようです。白色の花を穂状花序に数個つけますが開くことは少ないようです。花の下にある葉状の苞が長く目立ちます。 (「深樹の小径」に見られます。)

 

 

チシマタンポポ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チシマタンポポ(キク科

茎の高さが10cm程で花の色は黄色く、花の下にある総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は黒っぽいです。根元から生える葉は楕円形で、ぎざぎざ(鋸歯)のあるものとないものがあり、白い毛がたくさん生えています。舌状花の先に4~5の切れ込みがあります。 (「スワンヒルの庭」などに見られます。)

 

 

ルリジサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリジサ(ムラサキ科)

草丈50~100cmの1年草で全草に剛毛があります。赤みを帯びた茎で、茎先に径3cm程の青い花弁で星形の花を開きます。茎や葉にきゅうりのような香りがありスープやサラダの付け合わせに用いられます。別名はボリジやマドンナブルーです。 (「ハーブ園」に見られます。)