野草園からのおしらせ

黄橙色のラッパ状の花、ニッコウキスゲ

投稿日:2019年5月27日
3.みどころ情報

ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ(ススキノキ科)

中部地方以北に生える多年草で背丈が50~70cmです。茎の先に黄橙色のラッパ状の花を3~4個付けます。花は朝開いて夕方しぼむ1日花です。名前の由来は日光の山々に多く、花が黄色っぽく、葉の形がカサスゲの葉に似ているからのようです。別名はゼンテイカ。 (「クリンソウの谷」の東側に見られます)

 

 

ヤマオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマオダマキ(キンポウゲ科)

林の縁や道端に生える多年草です。下向きに開く花は、外側が紫褐色の萼で、後ろに伸びている距も同じ色です。その内側に淡黄色の花弁があります。名前は距が長い花の形を、麻糸を巻く「苧環(おだまき)」に例えたようです。 (「スワンヒルの庭」の北側に見られます)

 

 

ベニバナイチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナイチヤクソウ(ツツジ科)

 深山の林内に生え、地下茎を伸ばして繁殖します。葉は常緑でつやがあり根生します。葉の間から15~25cmの花茎を伸ばし、総状花序で、8~15個の小さな花がつきます。花茎は赤みを帯び、花は桃色から濃桃色です。花弁5個で下向きに咲き、花柱が長く花外に出ています。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ギョウジャニンニク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギョウジャニンニク(ネギ科)

長さ20~30cmの葉は長楕円形で2~3枚根生します。高さ40~70cmの茎の先に淡黄白色の小さな花を散形状にたくさん付けます。花は花弁が6個で雄しべが長く突き出ています。名の由来は全草に強いニンニク臭があるからです。(「スワンヒルの庭」の北側に見られます)

 

 

ジシバリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジシバリ(キク科)

細長い茎が地面を這い、所々で根を下ろして増え、まるで地面を縛るように見えることから名がついたようです。花茎は上部で枝分かれをし、1~3個の黄色い花をつけます。タンポポに似ていますが、花びらのように見える舌状花の数はそれより少ないです。根元から生える葉には長い柄があり、円形ないし広い楕円形です。 (「七草の庭」などに見られます)

 

 

カラコギカエデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラコギカエデ(ムクロジ科)

寒い地方に自生するカエデで、少し高い山地ではよく見かけるカエデで、雌雄同株です。一つの花序に雄花と両性花が混じります。葉は粗い重鋸歯で原則3裂しますが、不分裂葉も結構多いようです。 (所々に見られます)

 

 

シロバナハマナス2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマナス(バラ科

枝にはたくさんの刺があり、葉は奇数羽状複葉で裏面に毛がたくさん生えています。枝先にたくさんの雄しべと強い香りのある径5~8cmの白い花をつけます。花後に赤い果実が付き、それが梨のような味がするので「浜梨」、それが訛って名がついたようです。 (「ボルダーの庭」の北側に見られます)

 

 

ヘビイチゴ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビイチゴ(バラ科)

野原などの湿った草地に生える多年草で、茎は地を這い節から根を出してふえます。葉は3出複葉で小葉には鋸歯があります。長い柄を出して黄色の5弁花を開きます。赤い果実は美味しくないのでヘビの餌にしかならないという意味で名前がついたようですが、ヘビは肉食です。 (「クリンソウの谷」の西側などの草地に見られます)