カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

魚の骨のような茶色の苞葉に包まれた花、オケラ

投稿日:2018年9月8日
3.みどころ情報

オケラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オケラ(キク科)

山地の日当たりの良い草地に生える多年草です。葉は堅く縁に細かい刺状の鋸歯があるのが特徴です。茎先に総苞を持つ白色の筒状花がつきますが、総苞の周りに魚の骨を並べたような苞葉があります。若芽は食用になるそうです。名は古名のウケラが訛ったものと言われています。 (「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

ツルニンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルニンジン(キキョウ科)

山野に自生するつる性の多年草で、茎は2mにも伸び他のものに巻き付きます。枝先に鐘形の花を下向きに付けます。径3~4cmの花は5裂し内側に紫褐色の斑点があります。名前の由来はつる性で朝鮮人参に似ている根を持っているからです。 (「深樹の小径」などに見られます)

 

 

アキニレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキニレ(ニレ科)

山地や平地に生える樹高15mにもなる落葉高木です。葉はやや小さく互生し、革質で少し硬く、葉脈が斜め平行になっています。葉の腋に淡黄色の小花を群がるように付け、4裂した花弁の花から突き出る長い雄しべが目立ちます。花後に、すぐ楕円形の果実(翼果)をたくさん付けます。 (「ボルダーの庭」に見られます)

 

 

ミヤマガマズミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミの果実(レンプクソウ科)

山地に生える落葉低木で、葉の表面は無毛なのですべすべしています。5月に白い小花の散房花序を出していましたが、今は6~7mmの赤い球果をたくさん付けています。これは酸味があり食べられます。 (「ロックガーデン」の登り口などに見られます)