カレンダー

2017年8月
« 7月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

飲めばすぐ腹痛に効くので……「ゲンノショウコ」

投稿日:2017年8月12日
3.みどころ情報

ゲンノショウコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

昔から下痢止めの薬として知られ、飲めばたちまち効く事から“現之証拠”と名付けられました。高さ30~40㎝の茎の先に、径1~1.5cmの白紫色の5弁花を咲かせます。葉は掌状に裂け、花弁には紫色の筋が見られます。西日本には紅紫色の花が多く咲くそうです。     (「ロックガーデン」などで見られます。)

 

 

 

オトギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトギリソウ(オトギリソウ科)

野山に普通に見られる、高さ20~60cmの多年草。直立した茎に対生する葉は長さ3~6㎝の長楕円形で、葉の中に黒点(油点)が見られます。茎頂で分枝し、径2㎝程の黄花を次々に咲かせます。長い雄しべが目立つ5弁花は日中だけ咲く一日花です。名は“秘薬”である事を洩らした弟が兄に斬られる逸話によります。  (「ロックガーデン」等に見られます。)

 

 

 

ハネミギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハネミギク(キク科)

草丈が1.8mほどになる、北米原産の多年草。蜜源植物として栽培していたものが野生化しています。直径4㎝程の黄花舌状花が3~8枚と、歯が抜けた感じです。花後の果実に翼が見られますが、茎にも著しい翼があるのが特徴です。名は実(種子)に羽(翼)が付くキクだからです。      (「東トイレ」近辺に見られます。)

 

 

 

ベロニカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベロニカ(オオバコ科)

花穂を見ればトラノオの仲間だと分かります。ルリトラノオの一種で、小花は下から順に咲き上がるので、長い間楽しめます。草丈は25~80cmで、茎が這う種もあるようですが、本園のものは直立する高性種です。    (「ツツジの丘」近辺に見られます。)